環境省大気環境・自動車対策黄砂黄砂対策への環境省の取組黄砂実態解明調査

黄砂化学成分の調査結果


 環境省では、黄砂の飛来実態を科学的に把握するため、地方公共団体、独立行政法人国立環境研究所の協力を得て、平成14年度から平成23年度にかけて、黄砂飛来シーズンの2月中旬から6月頃までの間、黄砂飛来時に国内の複数地点で一斉にエアロゾル(大気中に浮遊している液体や固体の粒子状物質)を捕集し、粒径(物理的性質)や成分(化学的性質)の分析を行っていました。本サイトでは、「黄砂実態解明調査」調査データを精査した結果のPDF形式を閲覧、CSV形式をダウンロードすることができます。ご利用の際には、必ず以下の免責事項をご一読ください。

【免責事項】本サイトに掲載されているデータをご利用になる場合には、必ず出典を明記の上、お使いください。ただし、環境省は、データ内容の保証(情報の正確性、有用性、確実性等について)は一切致しません。また、環境省は、掲載されているデータを使用したことにより生じるいかなる損害及び損失について、責任を負いません。予めご承知おきください。

○分析結果・精査判断基準

<定量下限値>
−表中にある不等号「<」は、定量下限値未満を意味します。
−試料によって、捕集重量、積算流量、環境条件、測定機器等が異なるため、定量下限値は一定ではありません。

○化学成分分析結果