国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

新宿御苑ニュース

RSS

菊花壇展

4件の記事があります。

2008年11月03日ロングウッド植物園の方が来園

新宿御苑菊花壇展

 新宿御苑菊花壇の栽培技術は100年以上の歴史があります。この伝統ある技術を請われ、平成15年より4年間、新宿御苑のキク科がアメリカのニューヨーク植物園に栽培指導を行ってきました。その成果が昨年に続き今年もニューヨーク植物園でキク展開催の運びとなり、盛況のようです。

 そのニューヨーク植物園からの紹介を受け、菊栽培の見学にとアメリカ・ペンシルバニア州のロングウッド植物園から職員の方達がはるばる日本へと研修に来られました。


来日初日となる11月2日は、新宿御苑の菊花壇展を見学。
菊花壇作りの専門家である新宿御苑管理事務所の山田専門官が、新宿御苑ならではの菊作りを紹介しました。


観覧に関する配慮やデザイン、また、菊栽培の注意事項などを専門官が説明しました。
説明内容を一部ご紹介すると、
・配色は、必ず黄・白・紅の3色を順路に沿って順番に使う。
・露地菊(ろじぎく:下写真)は屋根がないため、雨に強い種類を使用。

・菊の名前は和歌集などから取って付けられたもの。
・大菊花壇(おおぎくかだん:下写真)は、全部で39品種が配置されている。

・上屋の中の菊は、切り花でなく鉢ごと植え込まれている。
・植え込んである化粧用の黒土が崩れるのを防ぐため、展示期間中は菊への水やりは一切行わないが、菊は水やりの加減が重要なので、人の手が絶えないように年末年始も休むことなく行う。


解説に対してだけでなく、「江戸菊は初めて見た」など、感嘆の声がたくさん上がりました。これからの日程で日本各地の菊展を観に行くそうですが、ガイドの方が「最高の菊展を初めに観てしまって、他を観るのが怖い」とおっしゃってくださるほど、今年の新宿御苑菊花壇展も素晴らしい仕上がりとなっています。




菊花壇展は11月15日まで、毎日楽しんでいただけます。
また、11月中の毎週土曜、ボランティアによるガイドウォークを開催いたします(他の月は第2・第4土曜のみ)。8日と15日には菊のガイドも予定しておりますので、是非ご参加下さい。

ページ先頭へ↑

2008年11月03日大作り花壇・江戸菊花壇のみどころ

新宿御苑菊花壇展

菊花壇展開催3日目。
多くの品種がみごろを迎え、たくさんのお客様で賑わっています。

今回は、大作り花壇と江戸菊花壇をご紹介します。

初冬に出てくる芽を1年がかりで枝数を増やし、1株から数百輪の花を半円形に仕立てる技法を大作りといいます。
今年の大作りは特に大きく、一番大きいもので700輪もの花を付けています。


少し屈んでみると、このたくさんの花が全て1本の茎から枝分かれしているのが分かります。

民間の展示会で出展される大作り(千輪作り)は、接ぎ木で育成されることが多いのですが、新宿御苑の大作りは全て自根から作られており、特に高い技術が必要とされます。


上の池の橋を渡ると、正面が江戸菊花壇になります。

大作り花壇と江戸菊花壇は、池を挟んで向かい合うように作られています。これは、大作りに用いられる品種が早い時期に咲くのに対して、江戸菊は花期が遅れる品種が多いため、大作りは北向き、江戸菊は南向きというように採光に工夫をして、ちょうど菊花壇展の期間中に見頃の時期が揃うように調整するためです。

江戸菊は、新宿御苑の菊の中でも最も古い歴史があります。
花が咲くにしたがって、花びらがねじれるように変化するのが特徴です。



菊花壇展以外にも、秋の園内にはたくさんのみどころがあります。


フランス式整形庭園では、秋のバラがみごろを迎えています。
11月いっぱいはお楽しみいただけそうです。


バラ花壇の両側にあるプラタナス並木も、秋色に色づき始めています。


旧温室前のツワブキもみごろです。
ツヤツヤな緑色の葉と、鮮やかな黄色い花の対比がきれいです。


管理事務所前のジュウガツザクラはまだまだきれいに咲いています。


日本庭園のススキは穂が伸び、秋を感じさせる風景を作っています。


イギリス風景式庭園にあるケヤキの大木も、茶色に色づいてきました。
新宿御苑の紅葉の季節ももうすぐです。


日中でも肌寒く感じる季節になりました。
あたたかい格好でお越しください。

みなさまのご来園をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年11月01日菊花壇展が始まりました

新宿御苑菊花壇展

新宿御苑では、本日11月1日より15日まで、日本庭園で菊花壇展を開催しています。

新宿御苑の菊花壇展の特徴は、回遊式の日本庭園内に上家(うわや)とよばれる建物を設け、特色あふれる花々を、独自の様式を基調に飾り付けていることにあります。それぞれの花壇は、順路に沿ってご覧いただくと、最も美しく鑑賞できるようにデザインされています。


中央休憩所そばの入り口から日本庭園に入ると、まず目に飛び込んでくるのが第一露地花壇です。
花壇の中心に配された大菊は、本来花びらが傷付きやすいものですが、露地花壇用に雨に当たっても痛みにくい品種に改良したものです。
赤い小菊が周りを囲み、色鮮やかな花壇になっています。




順路を進むと次に見えてくるのが、懸崖作り花壇です。
野菊が断崖の岩間から垂れ下がって咲いている姿を模して仕立てる技法を「懸崖作り」と呼びます。

民間の菊の品評会などに出展される懸崖作りは、豪華に見せるため八重の品種を用いることが多いのですが、新宿御苑ではあくまで野菊の趣を大切にするため、一重の品種を用いています。また同じ理由から、地面には乾燥させた松葉が敷き詰められています。



さらに進むと、伊勢菊・丁字菊・嵯峨菊花壇が見えてきます。


伊勢菊は、縮れた花びらが垂れ下がって咲くのが特徴です。
開花するに従って弁が伸び、長く垂れ下がるほど良い花とされています。

伊勢菊が伊勢地方で発達した当時は、座敷に座って鑑賞するのが習わしであったため、下方から見ても美しく見えるよう、しだれ咲きの花になったと言われています。


丁字菊は花の中心部が盛り上がって咲く菊で、アネモネ咲きともよばれています。


嵯峨菊は細長い花びらがまっすぐに立ち上がって咲きます。
京都の嵯峨地方で発達した菊で、屋敷の回廊から菊を眺めるため、上方から見て美しく見えるよう、上向きに咲く花になったと言われます。

次回は大作り花壇、江戸菊花壇をご紹介します。


新宿御苑の菊は、菊花壇展開催の11月1日から15日にみごろを迎えるよう、1年をかけて育成し、咲き方の調整を行っています。新宿御苑の菊栽培技術の集大成・菊花壇展にぜひお越しください。(期間中は休まず開園しています)

みなさまのご来園をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年10月30日特別開園 新宿御苑 菊花壇展の開催

新宿御苑菊花壇展

新宿御苑では、11月1日から11月15日までの間、毎日休まず開園する特別開園期間とし、日本庭園において「菊花壇展」を 開催します。

新宿御苑の菊花壇展の特徴は、回遊式の日本庭園内に上家(うわや)とよばれる建物を設け、特色あふれる花々を、独自の様式を基調に飾り付けていることにあります。それぞれの花壇は、順路に沿ってご覧いただくと、最も美しく鑑賞できるようにデザインされています。
 

■■各菊花壇のご説明■■
 各菊花壇の特徴を順路にそってご説明します。なお、菊花壇展の模様は、新宿御苑のHPの「新宿御苑フォトアルバム」にも掲載しています。



【懸崖作り花壇 (けんがいつくりかだん)】
野菊が断崖の岩間から垂れ下がって咲いている姿を模して、1本の小菊を大きな株に仕立てる技法を「懸崖作り」とよびます。古木の台の上に、花鉢を配色よくならべています。
作り始め:大正4年(1915)



【伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇 (いせぎく・ちょうじぎく・さがぎくかだん)】
 伊勢菊は、伊勢地方(三重県松坂)で発達した菊で、縮れた花びらが垂れ下がって咲きます。丁子菊は、花の中心部が盛り上がって咲く菊で、アネモネ咲きともよばれています。嵯峨菊は、京都の嵯峨地方(京都府嵯峨野)で発達した菊で、細長い花びらがまっすぐに立ち上がって咲きます。
作り始め:昭和30年(1955)


【大作り花壇 (おおづくりかだん)】
初冬に出てくる芽を1年がかりで枝数をふやし、1株から数百輪の花を半円形に整然と仕立てて咲かせる技法を「大作り」とよびます。
 これは新宿御苑独自の様式で、千輪作りの先駆けにもなっています。
作り始め:明治17年(1884)



【江戸菊花壇 (えどぎくかだん)】
  江戸菊は、江戸時代に江戸(東京都)で発達した古典菊です。
 花が咲いてから花びらが様々に変化し、色彩に富んでいるのが特徴で、「花の変化」を観賞する菊です。
 新宿御苑の菊花壇のなかでは、もっとも古い歴史があります。
作り始め:明治11年(1878)



【一文字菊、管物菊花壇 (いちもんじぎく、くだものぎくかだん)】
  一文字菊は、花びらの数が16枚前後の一重咲きの大輪菊です。花の形から、御紋章菊ともよばれています。
  管物菊は、筒状に伸びた花びらが放射状に咲く大輪花で、糸菊ともよばれています。
 作り始め:大正14年(1925)


【肥後菊花壇 (ひごぎくかだん)】
  肥後菊は、古くから肥後(熊本県)地方で作られた一重咲きの古典菊で、おもに武士の精神修養として発達しました。
  栽培方法や飾り方は、江戸時代に熊本で確立した、秀島流の厳格な様式に基づいています。
 作り始め:昭和5年(1930)


【大菊花壇 (おおぎくかだん)】
  大菊は、菊の代表的な品種で、花びらが花の中央を包み込むように丸く咲くのが特徴です。
  神馬の手綱模様に見立てた「手綱植え」とよばれる新宿御苑独自の様式で、39品種311株の大菊を黄・白・紅の順に植えつけ、全体の花が揃って咲く美しさを鑑賞する花壇です。
 作り始め:明治17年(1884)


■■新宿御苑での菊栽培の歴史■■
 日本に園芸品種の菊が渡来したのは、奈良時代末から平安時代はじめといわれています。その後、室町、江戸時代と発達をとげ、明治元年(1868)に菊が皇室の紋章に定められました。
 明治11年(1878)、宮内省は皇室を中心として菊を観賞する初めての『菊花拝観』を赤坂の仮皇居で催しました。展示用の菊は、当初は赤坂離宮内で栽培されていましたが、明治37年(1904)より新宿御苑でも菊の栽培が始まりました。そして昭和4年(1929)からは、観菊会も御苑で行われるようになりました。
 大正から昭和にかけては、観菊会の展示の規模、技術、デザインなどがもっとも充実した時期で、これらによって新宿御苑はパレスガーデンとして、広く海外に知られるようになりました。

■■ニューヨーク植物園への菊の栽培技術の指導■■
 ニューヨーク植物園において、『Kiku: The art of the Japanese Chrysanthemum』
が、10月17日~11月16日の間に開催されています。
このニューヨーク植物園の菊花展は、平成15年に「新宿御苑の菊」をアメリカ合衆国で紹介したいので栽培技術を指導してもらえないかと依頼があったことからはじまったもので、ニューヨーク植物園と新宿御苑でスタッフの交換研修等を行い、4年の歳月を経て平成19年に開催に至ったものです。
 今年のニューヨーク植物園の花壇展では菊花壇のみならず、盆栽やメトロポリタン美術館が所蔵する菊に関する美術品の展示、茶道・折り紙等の日本の伝統文化を学ぶさまざまなイベントが行われています。ニューヨーク植物園の花壇展は、 同園のHP に紹介されていますので、こちらをご覧ください。

ページ先頭へ↑