国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

新宿御苑ニュース

RSS

企画展示会

10件の記事があります。

2009年03月10日新宿御苑フォトコンテスト2008入賞作品展の開催

新宿御苑企画展示会

インフォメーションセンターのアートギャラリーでは「新宿御苑フォトコンテスト2008入賞作品展」を、3月10日(火)から4月19日(日)まで開催します。



新宿御苑フォトコンテストは、今年で18回目の開催となります。今回は、開催初年に次いで583名という大勢の方から2130作品の応募がありました。この力作の中から厳正な審査を経て選ばれた入賞作品を展示します。

写真展にはこの入賞作品とあわせて、審査にあたられた写真家・木村正博氏、横田久氏の特別作品を展示しております。多くの方々にご覧頂き、新宿御苑の四季折々の表情と自然の美しさを楽しんでいただければと思います。

インフォメーションセンターは9時から16時30分まで開館。入館料無料です。
作品展は、4月19日(日)の最終日は15時に閉展いたします。

みなさまのご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2009年01月14日企画展「福羽逸人の軌跡」開催中

新宿御苑企画展示会

 インフォメーションセンター内のアートギャラリーでは、「福羽逸人の軌跡~現代に受け継がれる知られざる新宿御苑の歴史~」と題して企画展を開催しています。



 新宿御苑は戦後、国民公園として一般公開されるようになりましたが、それより前の明治期には農事試験場として国内外の果樹や野菜の栽培研究を行っていました。


〔生産物台帳〕

 福羽逸人はこの農事試験場の実習生となり農事修学所勤務を経て、明治12年に新宿植物御苑の農事担当に任官された農学博士です。日本の風土に適した栽培方法の確立と品種の改良に尽くしました。


〔福羽氏が作出した苺の品種「フクバイチゴ」〕


〔大正時代に作られたマスクメロンの標本〕

 民間への技術支援として、御苑で生産する農作物や家畜、また農具などを販売したことがありました。当時の販売案内の冊子も展示しています。


〔営業案内〕

 福羽氏の功績は多岐にわたり、資料も膨大です。いろいろな方々より資料提供等ご協力をいただきました。


〔江戸東京野菜〕


農業雑誌〔左〕
園芸世界〔右〕

 企画展
「福羽逸人の軌跡~現代に受け継がれる知られざる新宿御苑の歴史」
 主催:環境省新宿御苑管理事務所、(財)国民公園協会新宿御苑
 平成21年1月14日(水)~1月25日(日)
 開場時間:9時~16時30分(展示最終日は16時00分まで)

 今までご紹介の機会がなかった、新宿御苑の知られざる歴史の展示です。
 是非ご覧頂きたくご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年12月02日「磐梯朝日国立公園の自然」写真展開催中

新宿御苑企画展示会

 インフォメーションセンター館内のアートギャラリーでは、『「磐梯朝日国立公園の自然」写真展』を開催しています。主催はフォトクラブ多摩ネイチャーという写真団体です。



 磐梯朝日国立公園は東北地方南部に位置し、福島県・山形県・新潟県にまたがる山や渓谷、湖沼などの雄大かつ変化に富んだ自然を有しています。
 春夏秋冬、空模様、時刻の移ろう中で、様々な植物、動物たちが共に生きている国立公園。さまざまに織り成される自然を、写真に切り取ってご紹介しています。

 平成20年12月2日(火)~12月7日(日)
 9時~16時30分(展示最終日は15時00分まで)
 新宿門横インフォメーションセンター内アートギャラリー

 皆様のご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年11月25日「花と自然 写真展」開催中

新宿御苑企画展示会

 インフォメーションセンター館内のアートギャラリーでは、「花と自然 写真展」を開催しています。

 「ネイチャー・フォト・グループ +プラス1/3」という写真グループの写真展示です。新宿のカルチャーセンターで写真を学んでいるうちに、自然の持つ美しさに共感した仲間が集まってできたグループだそうです。

 今回の展示では、四季の花や自然の写真だけではなく、身近にあって花の咲く毒草が紹介されています。



 平成20年11月26日(水)~11月30日(日)
 9時~16時30分(展示最終日は15時00分まで)
 新宿門横インフォメーションセンター内アートギャラリー

 皆様のご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年10月31日コロンビア植物探検調査展を開催中

新宿御苑企画展示会

 インフォメーションセンター館内のアートギャラリーでは、社団法人日本植物園協会、在日コロンビア大使館及び新宿御苑管理事務所が共催して「コロンビア植物探検調査展」を開催しています。

 コロンビアと日本との外交が樹立して今年で100年を迎えました。これを記念して、コロンビアの高名な植物学者ホセ・セレスティーノ・ムティス氏のコロンビア植物探検調査の資料を展示します。


 ムティス氏は1761年ヌエバ・グラナダ領(現在のコロンビア)に上陸し、マラリア治療薬の原料となるキナノキを探し歩いたそうです。その後1783年よりムティス氏の指導の下、コロンビア植物探検隊の採集・調査運動が始まりました。
 この探検隊の成果は、科学教育への貢献のみならず、コロンビア芸術の新たな出発点ともなりました。約2700種の植物を描いたカラー図版2945点とスケッチ画2448点が、ムティス氏没後200年となる現在も残っています。この植物画のコレクションは150年近くもの間、その存在が知られていませんでした。




 展示は写真と植物画が主となっています。コロンビアの風景や普段見ることのない植物などを楽しんでいただけます。

 平成20年11月16日(日)まで休みなく開場
 9時~16時30分(展示最終日は15時30分まで)
 新宿門横インフォメーションセンター内アートギャラリー

 皆様のご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年10月07日「新宿御苑を描く展」開催中

新宿御苑企画展示会

 インフォメーションセンター館内のアートギャラリーでは現在、「グリーン・アカデミー・クラブの主催で「第7回新宿御苑を描く展」を開催しています。



 グリーン・アカデミー・クラブは、東京農業大学成人学校園芸造園本科の卒業生で、新宿御苑の休園日に園内のさまざまな作業をお手伝いいただいているボランティア団体です。作業のかたわら目にする園内の風景や草花を絵画、写真、生花、工芸などでさまざまに表現した作品が展示されています。



 平成20年10月7日(火)~平成20年10月13日(月祝)
 9時~16時30分(展示最終日は16時まで)
 新宿門横インフォメーションセンター内アートギャラリー

 皆様のご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年09月23日写真展「新宿御苑 都会のオアシス」開催中

新宿御苑企画展示会

 インフォメーションセンター館内のアートギャラリーでは現在、写真展「新宿御苑 都会のオアシス」を開催しています。



 主催は、新宿御苑をテーマに年間を通して庭園風景、自然、生息する昆虫を撮影している「フォトサークルU」という団体です。





 季節、時刻、天気などによってさまざまな表情を見せる新宿御苑。何年撮り続けても飽きないそうです。撮りためた写真から厳選したという45枚が展示されています。

 平成20年9月23日(火祝)~平成20年10月5日(日)
 9時~16時30分(展示最終日は15時まで)
 新宿門横インフォメーションセンター内アートギャラリー
 (9月29日(月)は休館します)


 皆様のご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年09月17日「自然観察を楽しむアート展2008」開催中

新宿御苑企画展示会

 インフォメーションセンター館内のアートギャラリーでは現在、「自然観察を楽しむアート展2008」として、財団法人日本自然保護協会自然観察指導員東京連絡会(NACOT)が展示を行っています。



 自然観察を通して環境保護の大切さを伝えている団体です。観察の記録や植物画、また、ススキの葉で作ったバッタや、ジュズダマの実を入れたお手玉、浜辺の観察会で拾った貝殻など、自然素材を利用した工作がたくさん展示されています。





 体験工作のコーナーではクスノキの枝を使ってキーホルダーなどを作れるそうです。
 この展示から自然に親しんでみませんか。

 平成20年9月17日(水)~平成20年9月21日(日)
 9時~16時30分(展示最終日は15時まで)
 新宿門横インフォメーションセンター内アートギャラリー

 皆様のご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年09月09日“タマゴ式”で楽しく描く東京の野鳥展

新宿御苑企画展示会

 新宿御苑にはたくさんの野鳥がやってきます。シジュウカラ、ムクドリ、メジロ、コゲラ、スズメ、ハトなど、挙げるときりがありません。
 これらの野鳥を、タマゴのかたちを使って楽しく描く団体が 新宿御苑アートギャラリーで展示をしています。


 主催団体は「谷口高司と野鳥を楽しむ会」。7歳から78歳までの老若男女の会員の方々が、野鳥図鑑家・谷口高司さんの指導のもと、四季折々の野鳥をテーマにして、これまでに150種もの野鳥イラストを描かれているそうです。



 野鳥写真からイラストへと描き起こしていく過程や、野鳥の鳴き声を紹介する‘竹筒スピーカー’も展示します。また9月13日(土)には、園内で探鳥・体験鳥絵の講座を予定しています。講座について詳しくはこちらをご確認下さい。
 この展示をきっかけに野鳥や自然に親しんでみませんか。

 平成20年9月9日(火)~平成20年9月15日(月祝)
 9時~16時30分(展示最終日は終了時間が早まります)
 新宿門横インフォメーションセンター内アートギャラリー

皆様のご来場をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2008年08月28日国立公園写真展 ~美しい自然の宝庫~

新宿御苑企画展示会

新宿御苑アートギャラリーでは、現在、「国立公園写真展 ~美しい自然の宝庫~」を開催しています。


現在、29の区域が国立公園として指定されています。今回の展示ではそのうちの一部を写真でご紹介します。


*阿寒国立公園-「エゾスカシユリと摩周湖」

また、環境省が作成した国立公園についてのパネルや、財団法人国立公園協会が主催する「自然公園写真コンクール」の第55回入賞作品の一部も展示します。

 すぐれた自然風景を、どのようにしたら次の世代に伝えていけるのか。展示写真をご覧いただき、自然を大切にしたいという気持ちを持っていただければ幸いです。

 平成20年8月26日(火)~平成20年8月31日(日)
 9時~17時30分(展示最終日は終了時間が早まります)
 新宿門横インフォメーションセンター内アートギャラリー
 主催:環境省新宿御苑管理事務所

皆様のご来場をお待ちしております。

**お知らせ**
皆さんもご自分の作品を新宿御苑アートギャラリーで展示してみませんか?
現在、平成21年度の利用団体を募集しています。第1回説明会は9月7日です。詳しくは「募集について」をご覧下さい。

ページ先頭へ↑