国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

京都御苑

お知らせ

京都御苑 桜の見どころ

 苑内にはシダレザクラ・オオシマザクラ・ヤマザクラ、サトザクラ・ヤエベニシダレ、カスミザクラなど約1100本の桜があります。

≪中立売御門近く≫

後水尾天皇がその美しさに御車を引き返させたといわれるサトザクラの一品種"御所御車返"があります。[車還桜]とよんでいます。

≪学習院跡≫

松の幹から桜がはえている[桜松]とよばれるヤマザクラがあります。黒松の空洞にヤマザクラの種が落ち地中まで根をはり、地上十数メートルの松の梢で毎年花を咲かせていました。平成8(1996)年に松が倒れましたが、横たわった松から桜はそのまま咲き続けています。

≪近衞邸跡≫

シダレザクラ、ヤマザクラ、ヤエベニシダレが120本咲き、見頃には多くの人々で賑わいます。

≪出水の小川≫

シダレザクラ、御衣黄(ぎょいこう)・閑山(かんざん)・市原虎の尾など数種のサトザクラがあります。

≪母と子の森西側≫

他の桜より遅く、カスミザクラが見ごろを迎えます。


桜の仲間であるウワミズザクラ≪中立売駐車場東側芝地≫やザイフリボク≪出水の小川・児童公園≫なども見られます。

ページ先頭へ