国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

京都御苑

御苑案内図(閑院宮邸跡)

閑院宮家は伏見宮家、桂宮家、有栖川宮家と並ぶ四親王家の一つで、1710年に東山天皇の皇子直仁親王を始祖として創立され、公家町南西部のこの場所に屋敷を構えました。創建当初の建物は天明の大火(1788年)で焼失し、その後再建されていますが、現在の建物との関係など詳しいことはわかっていません。

明治2年の東京遷都に伴い、閑院宮が東京に移られてからは、華族会館や裁判所として一時使用され、御苑の整備が一段落した明治16年、宮内省京都支庁が設置されています。

第2次世界大戦後の昭和24年、京都御苑が国民公園となってからは、厚生省、のちに環境庁の京都御苑管理事務所などに使用されていました。平成18年3月に改修工事を終え、京都御苑の自然と歴史についての写真・絵図・展示品・解説を備えた収納展示室と庭園などを開放しております。

施設の案内

収納展示室
休館日
月曜日・年末年始(12月29日〜1月3日)
参観時間
午前9時〜午後4時半 ※受付は午後4時まで
入場料
無料(ご予約の必要はありません)
庭園
参観時間
午前9時〜午後4時半
入場料
無料(ご予約の必要はありません)

お問い合わせ

602-0881
京都府京都市上京区京都御苑3
環境省京都御苑管理事務所
Tel:075-211-6348/Fax:075-255-6433

ページ先頭へ