国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

季節の便り

119件の記事があります。

2018年09月03日夏期の歌い手たち

皇居外苑いきもの / バックナンバー2018 / 北の丸公園ブログ / 季節の便り

北の丸公園では9月に入り、セミの鳴き声はツクツクボウシが多くなりました。

今年、北の丸公園で見付けることができた抜け殻とセミの成虫をご紹介します。

アブラゼミ 最もよく見るセミでジーという鳴き声で油にぬれたような茶色い羽が特徴です。

木の幹やロープなどの様々な場所で抜け殻を見付けることができます。

ミンミンゼミ 日中鳴きます。ミンミン鳴くセミで緑色の体に透明な羽が特徴です。

アブラゼミに次いで抜け殻も多く、様々な場所に付いています。

ミンミンゼミとアブラゼミの抜け殻

ミンミンゼミとアブラゼミの抜け殻の違いは大きさや色だけでは判別できません。

ミンミンゼミとアブラゼミの抜け殻の見分け方は、抜け殻の触角によって行います。

左 ミンミンゼミの抜け殻(毛深くない。根元から三つ目の節が小さい。

右 アブラゼミの抜け殻(毛深い。根元から三つ目の節が大きい。

小さい部分の違いなのでルーペなどで拡大して見ると分かりやすいです。

ツクツクボウシ 名前のとおりの鳴き声で非常に特徴的です。小さなミンミンゼミのようなデザインです。

抜け殻はツヤがなくアブラゼミなどと比べても小さく色が薄いです。

抜け殻はミンミンゼミやアブラゼミなどと同じくらいのところに付いています。

ニイニイゼミ ジーやチーといったあまり目立たない鳴き方をするセミです。木肌と同じような色ですがオレンジ色のW字の背中と羽の下半分が透明なことが特徴です。