国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

千鳥ケ淵戦没者墓苑

 先の大戦で海外における戦没軍人及び一般邦人のご遺骨を納めた「無名戦没者の墓」として昭和34年3月28日に創建されました。平成30年5月現在36万9,166柱が、六角堂内(写真)に安置されています。毎年5月に厚生労働省主催の慰霊行事として拝礼式が、また、年間を通じて各種団体主催の慰霊行事が随時行われています。

お知らせ

その他お知らせ
2018年08月01日 8月15日(水)は午後6時30分まで開苑します。
  
ページ先頭へ