国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

北の丸公園ひと駅さんぽ

3件の記事があります。

2016年07月14日北の丸公園ひと駅さんぽ【飯田橋駅から九段下交差点(目白通りルート)】

皇居外苑バックナンバー2016 / バリアフリー情報 / 北の丸公園ひと駅さんぽ / 北の丸公園ブログ

飯田橋駅のうち、地上行きエレベータが設置されている飯田橋交差点エレベータ地上出入口と、今回ご案内するルート上に位置するJR東口、東西線A5出入口の3カ所それぞれを起点に、九段下交差点(下図の印)を経由して、北の丸公園方面に向かうバリアフリールートをご案内いたします。

北の丸公園から最も遠い飯田橋交差点エレベータ地上出入口からは、外堀通りと目白通り、大久保通りが交差する飯田橋交差点を経由(右折)して目白通りを歩きます。九段下交差点までの道のりは、歩行距離約1.06㎞、ゆっくり歩いて約21分と少し長いルートですが、沿道に点在する標石や解説板、神社などで地域の歴史を辿りながらのんびりと歩けるひと駅さんぽです。

飯田橋駅(地下鉄エレベータ出入口)から九段下交差点を経由して日本武道館などがある北の丸公園田安門口までのバリアフリー経路図です

<飯田橋駅(地下鉄エレベータ地上出入口)から九段下交差点までのバリアフリー経路図>

エレベーター(地上出入口)

・東京メトロ有楽町線、南北線、都営地下鉄大江戸線からアクセスしやすい地上行きのエレベーターは、飯田橋交差点地上エレベーター出入口(外堀通り沿い)に設置されています。

・東京メトロ東西線は、A5出入口(目白通り沿い)にエレベーターが設置されています。

※飯田橋駅出入口の詳しい位置や運用時間、駅構内のバリアフリー設備、エレベーターの運行状況等については、飯田橋駅(東京メトロ南北線、有楽町線、東西線都営地下鉄大江戸線JR(順不同))へお問い合わせください。

地下鉄飯田橋駅の飯田橋交差点地上エレベーター出入口の様子を写した写真です。

<地下鉄飯田橋駅/飯田橋交差点地上エレベーター出入口>

東京メトロ有楽町線、南北線、都営地下鉄大江戸線からアクセスしやすい地上行きエレベーターの出入口です。今回ご紹介する飯田橋駅から北の丸公園までのひと駅さんぽの起点のうちで一番遠いスタート地点です。

地下鉄飯田橋交差点地上エレベーター出入口(外堀通り)の様子を写した写真です。

<地下鉄飯田橋交差点地上エレベーター出入口(外堀通り)の様子>

地上エレベーター出口の前は、外堀通り、目白通り、大久保通りなどが交差する飯田橋交差点です。この交差点付近は千代田区と新宿区、文京区の区界です。

目白通り(飯田橋交差点)の様子を写した写真です。

<目白通り(飯田橋交差点)>

この角を右に曲がり、目白通りに沿って歩きます。曲がるとすぐにJR飯田橋駅東口があります。

JR飯田橋駅東口(目白通り)の様子を写した写真です。

<JR飯田橋駅東口(目白通り)>

JR飯田橋駅東口です。JR中央本線(各駅)をご利用の方は、こちらを起点に北の丸公園までのひと駅散歩をお楽しみいただけます。

また、JR飯田橋駅西口(神楽坂側)をご利用の方は、西口を出て左方向(南東)に早稲田通りを歩かれれば、今回ご紹介するルートとは趣の異なる北の丸公園までのひと駅さんぽもお楽しみいただけます。

※早稲田通りのお散歩ルートで北の丸公園に到達するには、靖国通りを横断する際に田安門交差点の歩道橋(階段のみ)を渡るか、少し離れた九段坂下交差点、又は九段坂上交差点の横断歩道へ迂回する必要があり、最後にちょっと遠回りで不便にも思いますが、九段坂上交差点を経由される場合は、靖国神社外苑の杜が形づくる九段坂の重厚な風景も併せてお楽しみいただけます。

飯田橋駅東口交差点と東西線A5エレベーター出入口の様子を写した写真です。

<飯田橋駅東口交差点/東西線A5エレベーター出入口>

目白通りの向かい側には、エレベーターが設置されている東京メトロ東西線のA5出入口があります。東西線をご利用の方はこちらを起点にひと駅散歩をお楽しみください。

目白通りに設けられている史跡標石のひとつで、日本赤十字社跡の標石を写した写真です。

<日本赤十字社跡>

目白通りに設けられてい史跡標石のひとつ、新徴組屯所跡の標石を写した写真です。

<新徴組屯所跡>

目白通りに設けられてい史跡標石のひとつ、徽章業発祥の地跡の標石を写した写真です。

<徽章業発祥の地跡>

目白通りに設けられている地域の歴史解説板の飯田橋むかしむかし(家康入城編)を写した写真です。

<飯田橋むかしむかし(家康入城)>

目白通りに設けられている地域の歴史解説板の飯田橋むかしむかし(江戸のおわり)を写した写真です。

<飯田橋むかしむかし(江戸のおわり)>

目白通りに設けられている地域の歴史解説板、飯田橋むかしむかし(明治のはじめ)を写した写真です。

<飯田橋むかしむかし(明治のはじめ)>

目白通りに設けられている史跡標石のひとつの北辰社牧場跡を写した写真です。

<北辰社牧場跡>

目白通りに設けられている史跡標石のひとつの東京女子医科大学発祥の地の標石を写した写真です。

<東京女子医科大学発祥の地>

目白通りから筑土神社周辺を眺望した風景の写真です

<筑土神社>

目白通り沿いの高層ビルに囲まれるように、筑土神社の祠が祀られています。この社(やしろ)は、940年(天慶3年)ごろに太田道灌が平将門を祀った津久戸神社がはじまりとされ、かつては江戸明神、田安明神とも呼ばれた江戸を代表する神社のひとつと云われ、1874年(明治7年)に筑土神社となり、1945年(昭和20年)に空襲で焼失した後、現在の地に移され再建されたそうです。境内にある二個の力石は、千代田区指定の有形民族文化財になっています。

飯田橋駅東口辺りから目白通りを歩いて辿り着いた九段下交差点の様子を写した写真です。

<九段下交差点(目白通り)>

目標地点の九段下交差点(九段下交番前)の様子を写した写真です。

<九段下交差点(九段下交番前)>

経由地の九段下交差点(印)に着きました。ここから北の丸公園(田安門口)までは、約380m、ゆっくり歩いて約7分程です。

※九段下駅6番出口(九段下交差点)から北の丸公園(田安門口)、日本武道館方面に向かうバリアフリー経路は、こちらをご覧ください。

歩いてみると意外と近い飯田橋駅からの"ひと駅さんぽ"。田安門交差点の横断歩道橋を渡って、早稲田通りを歩いてJR飯田橋駅西口に向かう最短ルートでは、約826m、ゆっくり歩いても16分ほどの道のりです。日本武道館の大規模な行事等で、田安門付近や九段下駅に向かう歩道が大混雑して順番待ちの列になっているような時は、飯田橋駅まで"ひと駅さんぽ"を選ぶのも選択枝の一つです。急がば回れで、早く、楽しく、安全におうちに帰れますよ。

※近隣の文化施設等の開館・開園状況やバリアフリー設備の設置状況等については、各文化施設等(昭和館しょうけい館(戦傷病者史料館)、日本武道館、千鳥ヶ淵緑道及び千鳥ヶ淵ボート場千鳥ケ淵戦没者墓苑科学技術館国立公文書館東京国立近代美術館及び工芸館千代田図書館(順不同))へお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2016年02月29日北の丸公園ひと駅さんぽ【神保町駅(A9番口)から竹橋交差点】

皇居外苑バックナンバー2016 / バリアフリー情報 / 北の丸公園ひと駅さんぽ / 北の丸公園ブログ

神保町駅(エレベーターがある9番出入口)を起点に、平川門交差点と竹橋交差点(下図の印)を経由して、北の丸公園方面に向かうバリアフリールートをご案内いたします。

エレベーター等のバリアフリー設備が整った神保町駅(A9出入口)から、白山通りと内堀通りが交差する平川門交差点を経由して、竹橋交差点(下図の印/竹橋駅1b出入口付近)までの道のりは、約655m、ゆっくり歩いて約13分のひと駅さんぽです。

神保町駅(EVのある9番出入口)から竹橋交差点を経由して東京国立近代美術館や国立公文書館、科学技術館等がある北桔橋門口方面や工芸館がある乾門口までのバリアフリー経路図です

<神保町駅(エレベーターがある9番出入口)から竹橋交差点までのバリアフリー経路図>

エレベーター(地上出入口)

神保町駅のA9番出入口に設置されています。

車いす昇降機(地上出入口)

竹橋駅の2番出入口(神保町駅は、靖国通り側のA1番出入口)に設置されています。

※竹橋駅の2番出入口付近では、大手濠緑地広場を全面閉鎖して地下鉄のエレベーター設置工事が行われており、同工事の期間中は大手濠緑地広場は使用出来なくなっております。この区間を通過するランナーや自転車をご利用の皆様におかれましては、歩行者優先で、とりわけ車いすやベビーカーを使用されている方々等に配慮してご通行ください。

神保町駅(A9出入口)から、北の丸公園の北桔橋門口までは約952mゆっくり歩いて約19分ほど、乾門口までは約1.16㎞ゆっくり歩いて約23分。少し歩行距離はありますが、階段の上り下りが困難な方々やベビーカーを使用されている方々等は、ご自身の体調や状況に応じて、エレベーターのある神保町駅まで、散策がてらのんびり迂回するのも選択枝の一つです。

※神保町駅出入口の詳しい位置や運用時間、駅構内のバリアフリー設備、エレベーターの運行状況等については、神保町駅(都営地下鉄三田線・新宿線東京メトロ半蔵門線(順不同))へお問い合わせください。

※神保町駅に相互直通運転で乗り入れている各鉄道駅構内のバリアフリー情報は、ご利用になる最寄り駅(東急電鉄目黒線京王電鉄京王線東急電鉄田園都市線東武鉄道伊勢崎線日光線(順不同))にお問い合わせください。

神保町駅(EVのある9番出入口)から平川門交差点方面への導線をご案内している写真です

<神保町駅A9番出入口>

神保町駅(EVのある9番出入口)から白山通りを平川門交差点方面への導線をご案内している写真です

神保町駅の地上行きエレべーターはA9番出入口に設置されています。今回はA9出口から、平川門交差点方面(南)に向かって白山通りを進みます。

学士会館前にある我が国の大学発祥の地、東京大学発祥の地の石碑を写した写真です

<我が国の大学発祥の地/東京大学発祥の地の石碑(学士会館)>

神保町駅A9番出入口の直ぐお隣の重厚な建物は、国の登録有形文化財にも指定されている学士会館です。敷地内には我が国の大学発祥の地、東京大学発祥の地の石碑、新島襄先生生誕地の碑、日本野球発祥の地の記念碑など建てられています。近代史の舞台となったことでも知られていますが、最近はドラマのロケ地として使用されたことで幅広い世代の方々にも親しまれる場にもなっているそうです。

日本橋川に架かる白山通りの「一ツ橋」を写した写真です。

<一ツ橋>

白山通りの一ツ橋河岸交差点の直ぐ先に一ツ橋(ひとつばし)が架かっています。古来から日本橋川と小石川(現白山通り)の合流点に架かっていた橋と伝えられ、自然発生的に呼称されていた"ひとつばし"という呼び名が橋名の由来であり、後になるとこの辺り一帯を示す地名としても使われるようになったそうです。この橋の下には、首都高速都心環状線等の高架に覆われるように日本橋川が流れています。

<一橋徳川家屋敷跡>

一橋家は、現在の北の丸公園として公開されている地に居を構えていた田安家や清水家とともに、徳川御三卿のひとつに数えられる家柄で、その屋敷地は、江戸城一橋門内一帯(現在の丸紅本社ビルあたりから気象庁や大手町合同庁舎あたり)にまで広がっていたと伝えられます。

平川門交差点を竹橋方面に向かう横断歩道の様子を写した写真です

<平川門交差点>
内堀通りと白山通りが交わる交差点です。竹橋駅や北の丸公園は、この丁字路を右(西)に曲がり内堀通りを竹橋交差点方面に進みます。

白山通りは、この平川門交差点(千代田区)を起点に千石前交差点(文京区)までの「都道301号白山祝田田町線」と、西巣鴨交差点(豊島区)までの「国道17号線」を合わせた道路の通称です。

平川門橋を白山通りの平川門交差点付近から見た様子を写した写真です

<平川門橋>

平川門交差点の横断歩道を皇居のお濠側に渡って直ぐ右手には、皇居東御苑の参観口の一つとして利用されている平川門があります。神保町駅A9番出入口から平川門付近までは、約550m、ゆっくり歩いて約11分です。平川門から最寄りの竹橋駅にはエレベーターがありませんので、階段の上り下りが困難な方々やベビーカーを使用されている方々が皇居東御苑を参観される場合は、エレベーターが設置されている神保町駅A9番出入口を利用されることも選択枝の一つです。

平川門交差点から竹橋交差点方面に向かう内堀通りの歩道を写したです

<内堀通り風景・竹橋交差点を臨む街路樹(エンジュ)>

竹橋駅1b出入口付近の内堀通りを写した写真です

<竹橋駅1b番出入口>

竹橋駅を利用される方で、階段の上り下りに支障が無い方は、この1b番出入口が北の丸公園方面(北桔橋門口・乾門口)に向かう場合の最寄り出入口になります。

竹橋駅1b番出入口には、エレベーターや車いす昇降機は設置されていません。内堀通り沿いにある2番出口には車いす昇降機が設置されていますが、2番出口までの歩行距離は、エレベーターがある神保町駅A9出入口と余り変わらないので、階段の上り下りが困難な方々やベビーカーを使用されている方々等は、ご自身の体調や状況に応じて、エレベーターのある神保町駅(A9出入口)まで、散策がてらのんびり迂回するのも選択枝の一つです。

経由地の竹橋交差点付近を写した写真です

<竹橋交差点>

経由地の竹橋交差点(印)に着きました。

歩いてみると意外と近い神保町駅からの"ひと駅さんぽ"。ここから北の丸公園の北桔橋門口(東京国立近代美術館、国立公文書館、科学技術館)までは約300m、ゆっくり歩いて約6分、乾門口(工芸館)までは約500mゆっくり歩いて約10分ほどです。

※竹橋駅2番出入口から北の丸公園の北桔橋門口や乾門口に向かうバリアフリー経路は、こちらをご覧ください。

※竹橋駅2番出入口からから、高齢者総合サポートセンターかがやきプラザや同施設に移転・合築された九段坂病院、九段下交差点等を経由して北の丸公園(田安門口)方面に向かうバリアフリー経路はこちらをご覧下さい。

※近隣の文化施設等の開館・開園状況やバリアフリー設備の設置状況等については、各文化施設等(しょうけい館(戦傷病者史料館)昭和館、日本武道館、千代田図書館東京国立近代美術館及び工芸館国立公文書館科学技術館千鳥ケ淵戦没者墓苑千鳥ヶ淵緑道及び千鳥ヶ淵ボート場(順不同))へお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2016年01月04日北の丸公園ひと駅さんぽ【神保町駅(A9番口)から九段下交差点】

皇居外苑バックナンバー2016 / バリアフリー情報 / 北の丸公園ひと駅さんぽ / 北の丸公園ブログ

神保町駅(エレベーターがある9番出入口)を起点に、神保町交差点と九段下交差点(下図の印)を経由して、北の丸公園方面に向かうバリアフリールートをご案内いたします。

エレベーター等のバリアフリー設備が整った神保町駅(A9出入口)から、白山通りと靖国通りが交差する神保町交差点を経由して、九段下交差点(下図の印)までの道のりは、約850m、ゆっくり歩いて約16分のひと駅さんぽです。

画像:神保町駅(エレベーターがある9番出入口)から九段下交差点を経由して北の丸公園(田安門口)等に向かうバリアフリー経路図です

<神保町駅(エレベーターがある9番出入口)から九段下交差点までのバリアフリー経路図>

エレベーター(地上出入口)
A9番出入口に設置されています。
車いす昇降機(地上出入口)
A1番出入口に設置されています。

神保町駅(A9出入口)から、北の丸公園(田安門口)までは、約1.2㎞、ゆっくり歩いて約23分ほど。少し歩行距離はありますが、階段の上り下りが困難な方々やベビーカーを使用されている方々等は、ご自身の体調や状況に応じて、エレベーターのある神保町駅まで、散策がてらのんびり迂回するのも選択枝の一つです。

写真:EVのある神保町駅9番出入口の様子です。

<神保町駅A9番出入口>

神保町駅の地上行きエレべーターはA9番出入口に設置されています。今回はA9出口から、神保町交差点方面(北)に向かって白山通りを進みます。神保町駅A9番出入口付近から神保町交差点にかけては街路樹として桜の木が植えられていて、春には華やかな桜のさんぽ道になります。

写真:白山通りと靖国通りが交わる神保町交差点の様子です。遠くに東京ドームや東京ドームホテルが見えます。

<神保町交差点>
靖国通りと白山通りが交わる交差点です。九段下駅や北の丸公園は、この交差点を左(西)に曲がります。

この交差点を曲がらずに白山通りを真っ直ぐ進むと水道橋駅です。写真右奥に映り込んでいる白いビルは、東京ドームの脇にあるホテルの建物です。東京ドームのすぐ隣には、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている小石川後楽園(都立庭園)があります。目印になる建物が見えているので近いようにも感じますが、小石川後楽園の入口はさらにお隣の飯田橋駅に近い西門なので、ここから小石川後楽園(西門)までは、約1.63㎞、ゆっくり歩いて約32分ほどかかります。

写真:古本街

写真:神田神保町の古書店街

<神田神保町の古書店街>

神保町交差点の界隈には、由緒ある古書店や昔ながらの専門店も多く建ち並び、掘り出し物や一品を求めて国内外から多くの方々が訪れます。

写真:神保町駅A1出入口

<神保町駅A1出入口>

靖国通り通り沿いにある神保町駅A1番出入口には、車いす昇降機が設置されています。

神保町駅を利用される方で、階段の上り下りに支障が無い方や車いす昇降機を利用される方は、このA1出入口が北の丸公園方面に向かう場合の最寄り出入口になります。ここから九段下交差点(九段下駅6番出入口)までは約400m、ゆっくり歩いて約7分、北の丸公園(田安門口)までは約745mゆっくり歩いて約14分ほどです。

写真:専大前交差点

<専大前交差点>

写真:首都高速道路

写真:俎橋

<俎橋(まないたばし)>

首都高速都心環状線や5号池袋線の高架に覆われるように日本橋川が流れており、靖国通りには俎橋(まないたばし)が架かっています。この橋の名前は、江戸時代に一枚の木を横たえて架けられた橋の様子が、まるで"まな板"のように見えたことから名付けられたと伝えられています。橋の欄干から見える日本橋川の水面は、上流の神田川から小石川橋付近で分岐し、永代橋付近で隅田川に合流する一級河川で、『日本橋』が架かっている川としてもよく知られています。

写真:九段下6番出口

<九段下駅6番出入口(地上行きエレベータ)>

写真:九段下交差点

<九段下交差点>

経由地の九段下交差点(印)に着きました。

歩いてみると意外と近い神保町駅からの"ひと駅さんぽ"。ここから北の丸公園(田安門)までは、約380m、ゆっくり歩いて約7分、竹橋交差点までは約790m、ゆっくり歩いて約15分程です。

写真:北の丸公園(田安門口)から神保町駅までの迂回路

<北の丸公園(田安門口)から神保町駅(2番出入口)への迂回ルート>

日本武道館の行事等で九段下駅に向かう歩道が大混雑して順番待ちの列になっているような時は、ただ並んで待つよりも、急がば回れ、帰り道に"ひと駅さんぽ"(青←のルート)を選ぶのも選択枝の一つです。

田安門口前の横断歩道橋や九段坂上の交差点を渡って、靖国神社側の歩道に迂回して神保町駅A2出入口に向かうルートは約900m、ゆっくり歩いても18分ほどの道のりです。階段の上り下りに支障が無い健脚な方々が少しでも迂回ルートに分散していただけると、みんなが、早く、楽しく、安全におうちに帰れますよ。

ページ先頭へ↑