環境省大気環境・自動車対策黄砂黄砂対策への環境省の取組黄砂実態解明調査

黄砂化学成分の調査方法

 「黄砂実態解明調査」では、平成14年度から平成23年度にかけて、黄砂に含まれる化学成分の測定を目的とした調査を実施しました。黄砂飛来シーズンである2月中旬から6月頃までの間、黄砂の飛来が予想される日に、地方自治体及び国立環境研究所等の協力を得て、国内数地点で一斉にエアロゾル(大気中に浮遊している液体や固体の粒子状物質)の捕集を実施しました。
  このページでは、調査方法の詳細がご覧いただけます。

  平成14年度 平成15年度
- 16年度
平成17年度 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度
- 22年度
平成23年度
捕集期間 24時間連続捕集 24時間連続捕集 24時間連続捕集 48時間連続捕集(24時間連続捕集×2日間連続) 48時間連続捕集(24時間連続捕集×2日間連続) 48時間連続捕集(24時間連続捕集×2日間連続) 48時間連続捕集(24時間連続捕集×2日間連続) 48時間連続捕集(24時間連続捕集×2日間連続)
捕集回数 24時間×年間3回 24時間×年間6回 24時間×年間6回 48時間×年間4回 48時間×年間4回 48時間×年間4回 48時間×年間2回 48時間×年間3回
捕集方法 ■八段型アンダーセンサンプラー
■ハイボリューム
サンプラー 
■八段型アンダーセンサンプラー
■ハイボリューム
サンプラー 
■二段型ローボリュームサンプラー
■ハイボリューム
サンプラー 
■二段型ローボリュームサンプラー
■ハイボリューム
サンプラー 
■二段型ローボリュームサンプラー
■ハイボリュームサンプラー 
■二段型ローボリュームサンプラー
■ハイボリューム
サンプラー
■二段型ローボリュームサンプラー
■ハイボリューム
サンプラー
■二段型ローボリュームサンプラー
■ハイボリュームサンプラー
分析項目 [1] 農薬類 13項目
(BHC、DDT、エンドリン、プロチオホス、マラチオン、フェニトロチオン、クロルピリホス、ジクロルポス、シペルメトリン、フェンバレート、クロロタロニル、シハトリン、ダイアジノン)
[2] 金属類 5項目
(アルミニウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、ストロンチウム)
[3] イオン類8項目
(ナトリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオン、カリウムイオン、アンモニウムイオン、塩素イオン、硝酸イオン、硫酸イオン)
[1] 農薬類 13項目
(BHC、DDT、エンドリン、プロチオホス、マラチオン、フェニトロチオン、クロルピリホス、ジクロルポス、シペルメトリン、フェンバレート、クロロタロニル、シハトリン、ダイアジノン)
[2] 金属類 5項目
(アルミニウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、ストロンチウム)
[3] イオン類8項目
(ナトリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオン、カリウムイオン、アンモニウムイオン、塩素イオン、硝酸イオン、硫酸イオン)

※16年度のみ イオン類9項目(上記+フッ素イオン)
[1] 農薬類 9項目
(BHC、DDT、エンドリン、プロチオホス、マラチオン、フェニトロチオン、クロルピリホス、ジクロルポス、クロロタロニル、ダイアジノン)
[2] 金属類 6項目
(アルミニウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、ストロンチウム、マンガン)
[3] イオン類 10項目
(ナトリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオン、カリウムイオン、アンモニウムイオン、塩化物イオン、硝酸イオン、硫酸イオン、フッ素イオン、ストロンチウムイオン)
[1] 農薬類 9項目
(BHC、DDT、エンドリン、プロチオホス、マラチオン、フェニトロチオン、クロルピリホス、ジクロルポス、クロロタロニル、ダイアジノン)
[2] 金属類 6項目
(アルミニウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、ストロンチウム、マンガン)
[3] イオン類 10項目
(ナトリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオン、カリウムイオン、アンモニウムイオン、塩化物イオン、硝酸イオン、硫酸イオン、フッ素イオン、ストロンチウムイオン)
[1] イオン類等 11項目
(ナトリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオン、カリウムイオン、アンモニウムイオン、塩化物イオン、硝酸イオン、硫酸イオン、フッ化物イオン、ストロンチウムイオン、水銀)   
[1] イオン類等 5項目
(ナトリウムイオン、カルシウムイオン、アンモニウムイオン、硝酸イオン、硫酸イオン、水銀)
[2] 農薬類 9項目
(BHC、DDT類、エンドリン、プロチオホス、フェニトロチオン、クロルピリホス、ジクロルボス、クロロタロニル、ダイアジノン)
[3] 金属類 2項目
(アルミニウム、鉄)
[1] イオン類等 5項目
(ナトリウムイオン、カルシウムイオン、アンモニウムイオン、硝酸イオン、硫酸イオン)
[2] 農薬類 9項目
(BHC、DDT類、エンドリン、プロチオホス、フェニトロチオン、クロルピリホス、ジクロルボス、クロロタロニル、ダイアジノン)
[3] 金属類 1項目
(アルミニウム)
[1] イオン類等 5項目
(ナトリウムイオン、カルシウムイオン、アンモニウムイオン、硝酸イオン、硫酸イオン)
[2] PAHs 14項目
(フェナントレン、アントラセン、ピレン、フルオランテン、ベンゾ[a]アントラセン、クリセン、ベンゾ[a]ピレン、ベンゾ[e]ピレン、ベンゾ[b]フルオランテン、ベンゾ[k]フルオランテン、ジベンゾ[a,h]アントラセン、ジベンゾ[a,c]アントラセン、インデノ[1,2,3-cd]ピレン、ベンゾ[g,h,i]ペリレン)
[3] 金属類 1項目
(アルミニウム)
調査目的 粒径の把握、成分分析 粒径の把握、成分分析 成分分析 成分分析 成分分析 成分分析 成分分析 成分分析
捕集場所 新潟、富山、島根、福岡、長崎、国立環境研究所 北海道、新潟、富山、愛知、島根、福岡、長崎、国立環境研究所 北海道、新潟、富山、石川、愛知、島根、福岡、長崎、国立環境研究所 北海道、新潟、富山、石川、愛知、島根、福岡、長崎、国立環境研究所 北海道、新潟、富山、石川、愛知、島根、福岡、長崎、国立環境研究所 北海道、新潟、富山、石川、愛知、島根、福岡、長崎、国立環境研究所(農薬類のモニタリングは新潟、富山、島根のみ) 新潟、富山、島根、福岡、長崎(農薬類のモニタリングは新潟、富山、島根のみ) 新潟、富山、島根、福岡、長崎 (PAHsモニタリングは新潟、富山、島根のみ)

ハイボリュームサンプラー

 

ハイボリュームサンプラーは、大気エアロゾルを高流量(本調査においては毎分1,000〜1,100リットル)でろ紙上に捕集する装置です。主にエアロゾル中に含まれている微量成分の分析等を目的として使用されます


ろ紙に捕集された黄砂(国立環境研究所)

二段型ローボリュームサンプラー

二段型ローボリュームサンプラーは、大気エアロゾルを粗大粒子(主に黄砂)と微小粒子(主に大気汚染物質)の2段に分離捕集するための装置です(本調査においては毎分20リットルで大気を吸引)。主にエアロゾル中に含まれている主成分の分析等を目的として使用されます(平成17年度〜)。

八段型アンダーセンサンプラー

八段型アンダーセンローボリュームサンプラーは、粒径0.43ミクロン以上の大気エアロゾルを、8粒径区分に分級捕集する装置です。主に粒径分布の把握等を目的として使用されます(平成14年度〜16年度)。

黄砂実態解明調査実施場所