低炭素水素サプライチェーン・プラットフォーム

低炭素水素サプライチェーンとは
低炭素水素サプライチェーン・プラットフォーム

水素社会の実現に必要な低炭素水素サプライチェーン

水素社会の実現のイメージ図

水素社会の実現のイメージ

水素は利用時にCO2を排出せず、燃料電池等を活用することで、高効率に電気・熱を取り出すことが可能であるため、温暖化対策上も重要なエネルギー源です。特に、水素の製造段階でも再生可能エネルギー等を活用することで、製造から利用までのトータルで、より低炭素なエネルギー源となります。

水素を身近なエネルギーとして活用する「水素社会」の実現と、それによる温室効果ガスの大幅削減に向けて、燃料電池自動車・燃料電池フォークリフト・水素発電等の様々な水素利用の取組が国内外で行われています。

当ホームページでは、再生可能エネルギー等を活用した低炭素な水素利用の最新動向や、事業化支援ツールの紹介を行っています。

水素社会実現に向けて、普及の拡大が見込まれるアプリケーション(例)

パンフレット・動画

パンフレット、動画では環境省による水素関連事業の全体像、また低炭素水素サプライチェーン構築に向けた実証事業などを紹介しています。

最新ニュース

  • 2018年12月

    平成30年度低炭素水素の利活用拡大に向けた自治体連絡会議を開催しました。
    詳細はこちら

  • 2018年7月

    サイトを公開しました。