環境再生・資源循環

循環型社会づくり先進事例発表会(近畿ブロック)

 環境省では、第二次循環型社会推進基本計画に盛り込まれた事項に基づき、様々な関係者の協働による取組がより進展するよう、地域からの循環型社会づくりについてそれぞれの情報・経験を共有するための先進事例発表会を行い、今後の課題や各種政策・活動指針に生かすことを目指します。
 これを踏まえ、平成22年2月10日(水)に、「循環型社会づくり先進事例発表会(近畿ブロック)」を開催しました。

「循環型社会づくり先進事例発表会(近畿ブロック)」の概要

  • 日時:平成22年2月10日(水)13:30~15:30
  • 場所:大阪マーチャンダイズマート(OMM)ビル
  • 主催:環境省
  • 後援:3R活動推進フォーラム
  • 出席者:41名(地方公共団体、事業者、NGO/NPO、環境省、一般参加)

参加有識者(五十音順)

高月 紘  (石川県立大学 教授)
藤田 正憲 (高知工業高等専門学校校長、大阪大学名誉教授)

先進事例発表会では、情報提供として、環境省からの施策紹介と循環型社会づくりへの取組の先進的事例紹介を行った後に、参加者全員による意見交換会を実施いたしました。

第二次循環型社会推進基本計画の進捗状況の第2回点検結果について

先進事例発表

  • 出町商店街における容器包装減量と生ごみ堆肥化(京都市ごみ減量推進会議)
    発表資料 [PDF 1,185KB]
  • 容器包装等の「新しい2R」への挑戦 ~2008年度の取り組みを中心に~(京都エコ容器包装・商品推進協議会)
    発表資料 [PDF 648KB]
  • リターナブル方式による1L化粧瓶入りウーロン茶の取り組みについて(能勢酒造株式会社)
    発表資料 [PDF 255KB]

関連情報

報道発表資料

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ