報道発表資料

この記事を印刷
2022年09月16日
  • 大気環境

光化学オキシダント植物影響評価検討会(第3回)の開催について

大気汚染物質の1つである光化学オキシダントは、環境基準の設定以降に多くの科学的知見が蓄積している状況です。また、植物による二酸化炭素吸収を阻害することから、気候変動という観点からもその影響が懸念されています。このような背景を受け、環境省では、令和4年3月より「光化学オキシダント健康影響評価検討会」と「光化学オキシダント植物影響評価検討会」を水・大気環境局にて開催し、光化学オキシダントの健康影響に係る環境基準の再評価と植物影響を勘案した環境基準を視野に入れた植物影響に関する評価について検討することにしました。
この度、令和4年9月21日(水)に光化学オキシダント植物影響評価検討会(第3回)をオンライン会議方式(ライブ配信)にて開催することになりましたので、お知らせします。

※添付資料を掲載しました。(令和4年9月20日)

光化学オキシダント植物影響評価検討会(第3回)の開催について

開催について

大気汚染物質の1つである光化学オキシダントは、環境基準の設定以降に多くの科学的知見が蓄積している状況です。また、植物による二酸化炭素吸収を阻害することから、気候変動という観点からもその影響が懸念されています。このような背景を受け、令和4年1月の中央環境審議会大気・騒音振動部会において、「気候変動対策・大気環境改善のための光化学オキシダント総合対策について<光化学オキシダント対策ワーキングプラン>」を提示し、光化学オキシダントの健康影響に係る環境基準の再評価と植物影響を勘案した環境基準の検討を視野に入れ、知見の取りまとめを推進していく方針を示しました。
また、諸外国において光化学オキシダントの主成分であるオゾンについて環境目標値を改定する動きがあり、WHO(世界保健機関)はオゾンの環境目標値に関するガイドラインを昨年改定しています。
環境省では、これらの科学的知見や状況等を踏まえ、大気環境改善等の検討に必要な基礎資料を得ることを目的に、学識経験者から成る「光化学オキシダント健康影響評価検討会」と「光化学オキシダント植物影響評価検討会」を水・大気環境局にて開催し、光化学オキシダントに係る健康影響と植物影響に関する評価について検討することといたしました。

日時

令和4年9月21日(水)14:00 ~ 16:00

開催方法

オンライン会議方式(YouTubeを用いたライブ配信を予定)
 

議題(予定)

(1) 光化学オキシダントの大気中濃度について
(2) 日本の農作物へのオゾンの影響について

公開に関する取り扱い

本検討会は YouTube を用いたライブ配信を予定しています。
傍聴用URLは以下のとおりです。
https://www.youtube.com/channel/UCfQgb0YPAyGp7x1urR1e_ew

資料は会議当日までに、本ページに掲載いたします。 また、後日、議事録も同ページに掲載いたします。

連絡先

環境省水・大気環境局総務課
代表
03-3581-3351
直通
03-5521-8290
課長:
福島 健彦 (内線 6510)
課長補佐:
松浦 秀幸  (内線 5436)
担当:
平山 歩夢 (内線 5449)