報道発表資料

この記事を印刷
1998年03月13日

1997年インドネシア森林火災国際研究集会の開催について

インドネシアにおいて昨年から発生している森林火災は、エルニーニョ現象に起因する異常な乾燥という自然条件が相まって、その規模、期間の長さ等の点において最大規模のものとされている。
 熱帯林で発生する大規模な森林火災は、地球環境保全の観点からみると、地球温暖化、熱帯林の保全、生物多様性等の分野に多大な影響を与える。
 今回、インドネシア森林火災に関連する地球環境研究を実施する研究者がそれぞれの研究成果を発表し、情報交換、意見交換を行うことを目的として、環境庁と文部省国際学術研究班の主催により「1997年インドネシア森林火災国際研究集会」を開催することとした。
 本研究集会には、インドネシア、米国、シンガポール等からも研究者が招聘されて発表を行う。また、一般公開で行われる。

1.会議名

1997年インドネシア森林火災国際研究集会

2.日時

平成10年3月20日(金)9:30~18:00

3.場所

日本教育会館一ツ橋ホール
東京都千代田区一ツ橋2-6-2(TEL:03-3230-2831)

4.主催

環境庁
文部省国際学術研究班(代表:中島映至・東京大学気候システム研究センター教授)

5.開催の趣旨

インドネシアにおいて、大規模なプランテーションや焼畑農業等の人為的な活動をきっかけとした森林火災が、毎年のように発生している。特に、昨年来、インドネシアのスマトラ及びカリマンタンで発生した森林火災は、エルニーニョ現象に起因する異常乾燥も相まって、その規模、期間の長さ等の点で過去の例と比較して大きなものとなった。このため、多量のばい煙が国境を越え、インドネシアのみならず隣国にも健康被害や産業活動に影響をもたらす等大きな社会問題となった。
 この熱帯林で発生する大規模な森林火災は、地球環境保全の観点からすれば、大気化学、気象、地球温暖化、熱帯林保全、生物多様性等の分野に多大な影響を与えると考えられる。このため、このような森林火災を地球規模の視点から戦略的に研究することが望まれる。今回、インドネシア森林火災に関係する地球環境研究を実施する研究者間において可能な限り情報が共有され、効率的に研究が進められるよう、海外からも研究者を招聘して情報交換、意見交換を行うことを目的として、「1997年インドネシア森林火災国際研究集会」を開催するものである。

6.プログラム

別添のとおり。
 なお、海外からの招聘者の発表は英語で行われ、国内の発表者の発表は日本語(または英語)で行われる。

7.参加対象及び参加費

参加自由、無料。
 なお、会場設定の都合上、下記連絡先に参加申込みを行うことが望ましいが、当日会場においても受付可能。

8.参加申込先

財団法人 自然環境研究センター(担当:鋤柄直純)
 〒115 東京都文京区湯島2-29-3
        TEL 03-3813-8897 FAX 03-3813-8898


別添
1997年インドネシア森林火災国際研究集会プログラム

1.開会のあいさつ  9:30-9:40
小川利紘・東京大学理学系研究科教授
中島映至・東京大学気候システム研究センター教授
2.セッション1:大気物理に関する調査研究 (9:40-12:23)
進行:中島映至・東京大学気候システム研究センター教授
(1)Climatology and Meteorology of Indonesia in El Nino Year
Manabu Yamanaka, Junichi Hamada, Hiroyuki Hashiguchi (RASC,Kyoto University) and Jun Matsumoto (Dept.Geography,University of Tokyo)
 9:40-9:57
(2)Upper Air Observations in and around Indonesia: Present Status and Problems
Noriyuki Nishi (Dept.Geophysics, Kyoto University), Manabu Yamanaka and Shinya Ogino (RASC, Kyoto University)
 9:57-10:14
(3) Maritime Continent Climate Variability Research and its Future Direction
Tien Sribimawati (Agency of Assessment and Application of Technology, Indonesia)
 10:14-10:31
(4) U-V Wind Component over Maritime Continent Indonesia during the Forest Fire Event,1997
Yunus S.Swarinoto, T.Sribimawati, S.Wirjohamidjojo, W.Sulisty and A.Zakir (Analyzing and Processing Centre,Meteorological and Geophysical Agency,Indonesia)
 10:31-10:48
(5)A Study of Aerosol Optical Properties of 97 Indonesian Forest Fire Event.
Teruyuki Nakajima (University of Tokyo) and Nobuo Takeuchi (University of Chiba)
 10:48-11:05
(6) An Overview of the In-Situ Measurement Results at the GAW Station Sumatra over the Haze Period of 1997
Nurhayati, Tuti Mulyani and Edy Kleana (Analyzing and Processing Centre, Meteorological and Geophysical Agency, Indonesia)
 11:05-11:22
(7) Monitoring and Damage Assessment of Land/Forest Fires Using Satellite Remote Sensing Images
Soo Chin LIEW (Centre for Remote Imaging, Sensing and Processing,National University of Singapore, Singapore)
 11:22-11:39
(8) Optical characterization and remote sensing of Amazon forest fire aerosols
Lorraine Remer (NASA Goddard Space Flight Center, U.S.A.)
 11:39-11:56
(9) The Effects of the Smoke of the Fires on Aerosol Concentrations and Sizes and Cloud Microphysical Properties
 11:56-12:13
Roelof T Bruintjes, Mimin Karmini, Wathana Sukarnjanaset and Prinya Sudhikoses (National Center for Atmospheric Research, USA) 
(10) Lidar Observation of Aerosols over Jakarta
Nobuo Sugimoto, Ichiro Matsui ((National Institute for Environmental Studies) and M.Pinandito (Indonesian Institute of Science(LIPI))
 12:13-13:23
昼食 12:23-13:30
3.セッション2:大気化学に関する調査研究13:30-15:46
進行:小川利紘・東京大学理学系研究科教授
(1) Aircraft Observation of Atmospheric Trace Gases and Aerosols Emitted/Produced from the 1997 Biomass Burning in Indonesia
Y.Makino, Y.Tsutsumi, M.Ikegami ,Y.Zaizen, Y.Sawa, K.Okada, H.Matsueda, and Y.Inoue (Meteorological Research Institute), J.Jensen, J,Gras (CSIRO,Australia), and H.Haryanto (MGA, Indonesia)
 13:30-13:47
(2) Observation of Atmospheric Trace Gases Arising from Indonesian Biomass Burning by Airplane between Narita and Australia
Hidekazu Matsueda (Meteorological Research Institute)
 13:47-14:04
(3) Measurements of Atmospheric Trace Gases and Aerosols Emitted/Produced from the 1997 Biomass Burning in Indonesia
 14:04-14:21
--Chemical Analysis of Aerosols at Sumatra and Ozone over Peninsular Malaysia--
Haruo Tsuruta, Sei-ichiro Yonemura (National Institute of Agro-Environmental Sciences), Masayasu Hayashi (National Institute for Resources and Environment)
Yu-ichiro Sirasuna, Ko-ichiro Hirano (Yokohama Environmental Research Institute), Nurhayati, Aryana Yasin (Meteorological and Geophysical Agency,Indonesia), Lim Sze Fook, Leong Chow Peng (Malaysian Meteorological Services) 
(4) Influence of the Indonesian Forest Fire on the Atmospheric Environment Revealed by Ozone Observations
 14:21-14:38
Masatomo Fujiwara (1), Shuji Kawakami (2), Kazuyuki Kita (1), Toshihiro Ogawa (1,2), Slamet Saraspriya (3), Agus Suripto (3) and Ninong Komala (3)
1:  Dep.of Earth and Planetary Physics,University of Tokyo
2:  Earth Observation Research Center,National Space Development Agency ofJapan (EORC/NASDA)
3:  Indonesian National Institute of Aeronautics and Space (LAPAN)
(5) Measurements of Atmospheric Trace Gases and Aerosols Emitted/Produced from the 1997 Biomass Burning in Indonesia ---Emission of Methyl Halide---
Shigeto Sudo (National institute of Agro-Environmental Science)
 14:38-14:55
(6) Impact of Forest Fire on Increasing Green House Gases in Indonesia
Siti Asiati (Atmospheric Research and Development Center, National Institute of Aeronautics and Space, Indonesia)
 14:55-15:12
(7) Organic Compositions of the Aerosols Collected near the Forest Fire Sites in Indonesia
Kimitaka Kawamura, Yutaka Ishimura, Naohiko Ohkouchi (Hokkaido University) and Nobuo Takeuchi (Chiba University)
 15:12-15:24
(8) A Numerical Experiment on the Transportation of Air Parcels fromHot Spots in Indonesia
 15:29-15:46
Masayasu Hayashi and Shoichi Taguchi (National Institute for Resources and Environment)
休憩 15:46-16:00
4.セッション3:環境影響に関する調査研究16:00-17:08
進行:森秀行・環境庁地球環境部研究調査室長
 (1)Forest Fire and their Effects
Kazuhiko Ogino (College of Agriculture, Ehime University)
 16:00-16:17
(2) Forest Fires Effects on Insect Fauna
Koji Nakamura (Kanazawa University) and Kazuo Ishikawa (Matuyama Shinonome University)
 16:17-16:34
(3) Peat Fires in Jambi, Indonesia
Yoshiaki Goto (Kansai Research Center,Forestry and Forest Products Research Institute (FFPRI))
 16:34-16:51
(4) The Correlation Between Hot Spot Distribution and Community Health as the Forest Fire Impact
 16:51-17:08
Hamdani Zain (Graduate Study Program in Opto-Electrotechniques and Laser Applications, University of Indonesia), Hadiarto Mangunegoro (Faculty of Medicine, University of Indonesia) and Muchlisin Arif (Ground Station for Environmental and Climate Sattelite, National Institute of Aeronautics and Space, Indonesia)
5.全体討議、質疑  17:08-17:55
進行:大島康行・(財)自然環境研究センター理事長(自然環境審議会会長)
6.閉会の挨拶  17:55-18:00
森秀行・環境庁地球環境部研究調査室長
7.レセプション  18:30-20:00
(実費負担)

添付資料

連絡先
環境庁企画調整局地球環境部環境保全対策課研究調査室
(03-3581-3351)
 室 長 :森    秀行(内線6743)
 補 佐 :宇仁菅伸介(内線6746)
 担 当 :東岡  礼治(内線6759)