報道発表資料

この記事を印刷
1998年08月31日

平成11年度地球環境保全関係予算概算要求について

環境庁は、このほど、関係省庁の平成11年度地球環境保全関係予算の概算要求・要望事項を取りまとめた。
 平成11年度地球環境保全関係予算の概算要求額は総額6,575億円(うち情報通信・科学技術・環境等21世紀発展基盤整備特別枠等が249億円)で、平成10年度予算額と比べた伸び率は8.2%となった。

主な概算要求・要望は以下のとおり。

1.国際的枠組みづくり
83.7億円
地球環境保全のための国際的な枠組みづくりを積極的に推進する。
  • 国連環境開発特別総会フォローアップ経費(リオ+10支援関係経費)(環境庁)51百万円
  • 世界環境デー記念式典開催経費業費(環境庁)47百万円
  • ポートステートコントロール体制等の整備に必要な経費(運輸省)83百万円
2.観測・監視、調査研究
1210.3億円
地球環境保全のため、その科学的基礎となるデータの整備・調査研究を行う。
  • 地球変動のメカニズムについての研究(科技庁)1,648百万円
  • 地球シミュレータの開発(科技庁)5,457百万円
  • 北方林の温室効果ガスフラックスモニタリング(環境庁)126百万円
  • 地球環境戦略研究機関拠出金(環境庁)500百万円
  • 森林資源モニタリング調査(農水省)250百万円
  • 地球温暖化対応21世紀水資源利用調査(国土庁)200百万円
  • 地球環境科学分野における研究体制の整備・充実(文部省)23,080百万円
3.技術開発、普及
4408.1億円
地球環境保全のための技術の開発、普及を図る。
  • バイオマスエネルギー利用技術の開発(農水省)110百万円
  • 電子デバイス製造プロセスで使用するエッチングガスの代替ガス・システム及び代替プロセスの研究開発(通産省)1,550百万円
  • 住宅用太陽光発電導入基盤整備事業費補助金(通産省)16,217百万円
  • 新世紀構造材料(超鉄鋼材料)の研究の推進(科技庁)2,790百万円
  • 新エネルギー開発研究の推進(文部省)12,289百万円
4.環境協力の推進
285.6億円
開発途上国の地球環境保全のための努力に対し、資金、技術の両面において、協力していく。
  • 中国における持続可能な環境保全協力戦略策定費(環境庁)46百万円
  • 国際エネルギー使用合理化等対策事業費補助金(通産省)15,191百万円
  • エコ・トランスポート協力支援事業(運輸省)36百万円
5.環境配慮
7.5億円
政府開発援助の実施に際しての環境配慮を強化する。
  • 温暖化防止森林・緑・国民参加促進対策事業費(農水省)78百万円
6.国内の持続可能な社会の実現に向けた取組
579.3億円
身近な生活を地球環境保全型にしていく。
  • 21世紀脱温暖化戦略総合推進費(環境庁)940百万円
  • 低公害車普及推進事業費補助(環境庁)405百万円
  • 先進的新エネルギー・省エネルギー技術導入アドバイザリー事業費補助金(通産省)700百万円
  • クリーンエネルギー自動車普及事業(通産省)10,033百万円
  • 建築物における総合的な地球温暖化対策(建設省)3,517百万円

添付資料

連絡先
環境庁企画調整局地球環境部企画課
課長   :柳下 正治(6731)
 課長補佐 :田中 聡志(6734)
 担当   :西村 治彦(6735)
      :内藤 冬美( 同 )