報道発表資料

令和4年4月8日
自然環境
この記事を印刷

30by30ロードマップの策定と30by30アライアンスの発足について

1. 国際約束である30by30目標の国内達成に向けて、OECM認定等の必要な取組をまとめた30by30ロードマップを策定しました。

※ 保護地域以外で生物多様性保全に資する地域(OECM:Other Effective area-based Conservation Measures):民間等の取組により保全が図られている地域や、保全を主目的としない管理が結果として自然環境を守ることにも貢献している地域を指します。

2. これにあわせ、30by30目標に係る先駆的な取組を促し、発信するため、有志の企業・自治体・団体による有志連合(30by30アライアンス)を、本日、発足させます。

3. 30by30の鍵となるOECMについては、アライアンス参加者の協力を得て、認定の仕組みを試行する実証事業を今後開始します。

4. これらの取組は、今年開催予定の生物多様性条約第15回締約国会議第二部に向けても発信していきます。

■ 30by30ロードマップの策定について

 2030年までに陸と海の30%の保全を目指す目標である「30by30目標」については、「ポスト2020生物多様性枠組案」の目標案の一つとして掲げられています。同枠組は、現在国際的な検討が進められており、今年開催予定の生物多様性条約第15回締約国会議第二部で採択される見込みです。

 それに先立ち、昨年6月のG7サミットにおいて、G7各国は、国の状況やアプローチに応じて、2030年までに自国の陸域と海域の少なくとも30%を保全すること等を約束しました。

 これを受けて、環境省では昨年8月に30by30目標の国内達成に向けた基本コンセプトを公表し、このための行程と具体策を示すロードマップを策定することとしました。この度、生物多様性国家戦略関係省庁連絡会議名にて「30by30ロードマップ」を取りまとめましたのでお知らせします。

 本ロードマップでは、30by30目標達成のための主要施策として、国立公園等の保護地域の拡張と管理の質の向上や、保護地域以外で生物多様性保全に資する地域(OECM:Other Effective area-based Conservation Measures※)の設定・管理、生物多様性の重要性や保全活動の効果の「見える化」等を掲げています。また、主要施策を支え推進する横断的取組として30by30アライアンス等を盛り込んでいます。

 本ロードマップは、愛知目標に代わる新たな生物多様性の世界目標となる「ポスト2020生物多様性枠組」の策定に向けた議論に貢献するため、生物多様性条約第15回締約国会議第二部に向けて発信していきます。また、本ロードマップは、今年度策定予定の次期生物多様性国家戦略(閣議決定)に組み込み、より明確な国家方針とする予定です。

※ 民間等の取組により保全が図られている地域や、保全を主目的としない管理が結果として自然環境を

守ることにも貢献している地域を指します。

■  OECM認定の仕組みを試行する実証事業について

 本ロードマップでは、30by30目標の達成に向けたカギとなるOECMを主要な取組として盛り込んでいます。今年度は、OECMに該当する場所を、環境省が自然共生サイトとして認定する仕組みを試行する実証事業を実施します。来年度は、申請に基づく認定の仕組みを正式に運用する予定としています。本実証事業はこれに先立って行うものであり、30by30アライアンスメンバー(次項参照)の協力のもとに実施します。これまでの検討経緯については以下のウェブページを御参照ください。

https://www.env.go.jp/nature/oecm.html

■ 「生物多様性のための30by30アライアンス」の発足について

 上記の30by30ロードマップに盛り込まれた各種施策を実効的に進めていくための有志連合として、本日、環境省を含めた産民官17団体を発起人とする、「生物多様性のための30by30アライアンス」を発足させ、本日その第1弾として、企業、自治体、NPO法人等、計116者から参加いただくこととなりました。(別添-3参照)

 同アライアンスでは、参加者は、自らの所有地や所管地内のOECM登録や保護地域の拡大などを目指すことに加えて、自ら土地を所有または管理していなくても、他のエリアの管理を支援、あるいは自治体が自ら策定する戦略に30by30目標への貢献を盛り込むことなどを通じて、30by30実現に向けて協力いただくこととなります。さらに、参加者は自らの取組を以下の30by30アライアンスサイトに掲載するなどして、対外的な発信も図っていくこととなります。

https://policies.env.go.jp/nature/biodiversity/30by30alliance/

 今後も引き続き参加者を募り、オールジャパンで30by30目標の達成に向けて取り組んでいきます(※)。

※アライアンス参加手続について

上記URLの参加登録申込書に御記入の上、アライアンス事務局(30by30alliance@env.go.jp)に送付ください。

添付資料

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8272
  • 課長堀上 勝(内線 6430)
  • 課長補佐羽井佐 幸宏(内線 6435)
  • 課長補佐小林 誠(内線 7418)

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性戦略推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8273
  • 室長中澤 圭一(内線 6480)
  • 室長補佐奥田 青州(内線 6481)
  • 係長松﨑 花(内線 6489)

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性主流化室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8150
  • 室長谷貝 雄三(内線 6661)
  • 室長補佐志野 直紀(内線 6666)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ