報道発表資料

令和4年2月25日
自然環境
この記事を印刷

岩手県の死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルス検査陽性について(野鳥国内36,37,38例目)

岩手県久慈市で令和4年2月17日(木)に回収されたオオハクチョウ1羽、ハシブトガラス1羽の死亡個体について遺伝子検査を実施したところ、2月24日(木)に2羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出された旨の報告がありました。また、同市において2月12日(土)に家きん16例目に係る農林水産省の疫学調査で回収されたマガンの死亡個体について遺伝子検査を実施したところ、2月22日(火)に高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出された旨の報告がありました。

1.経緯

2月12日(土)

・岩手県久慈市内で行われた家きん16例目に係る農林水産省の疫学調査で、死亡していたマガン1羽を回収

2月17日(木)

・岩手県久慈市内で死亡していたハシブトガラス1羽及びオオハクチョウ1羽を回収

・簡易検査を実施したところ、2羽からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を確認

2月22日(火)

・マガンについて、鳥取大学において遺伝子検査を実施した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出

2月24日(木)

・ハシブトガラス及びオオハクチョウについて、鳥取大学において遺伝子検査を実施した結果、2羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出

2.今後の対応

  • 岩手県では、野鳥監視重点区域内における野鳥でのウイルスの感染範囲の状況把握、感染源の推定や更なる感染拡大を防止するための基礎情報を得ることを目的とした緊急調査(鳥類調査、死亡野鳥調査等)を実施しており、引き続き、野鳥の監視を継続します。
  • 野鳥サーベイランスにおける全国の対応レベルは、令和3年11月11日付けで最高レベルの「対応レベル3」に引き上げており、全国での野鳥の監視強化を継続します。

3.留意事項

(1)鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等があった場合を除いて、人には感染しないと考えられています。日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、周辺地域のみならず国民の皆様におかれては、冷静な行動をお願いします。

(2)同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡している場合には、お近くの都道府県や市町村役場に御連絡ください。

(参考)野鳥との接し方について

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/2017yachotonosessikata.pdf

【取材について】

現場での取材は、ウイルスの拡散や感染を防ぐ観点から、厳に慎むようお願いします。

【参考情報】

環境省は、ホームページで高病原性鳥インフルエンザに関する様々な情報を提供しています。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html

「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/manual/pref_0809.html

連絡先

環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護管理室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8285
  • 室長東岡 礼治(内線 6470)
  • 係長福田 真(内線 6670)
  • 担当安藤 滉一(内線 6478)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ