報道発表資料

令和3年11月1日
総合政策
この記事を印刷

環境教育等促進法に基づく「環境教育等支援団体指定制度」の新規指定について(SDGs for School(一般社団法人シンク・ジ・アース))

環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(環境教育等促進法)に基づく「環境教育等支援団体指定制度」について、令和3年10月25日(月)に「SDGs for School」が登録されましたのでお知らせします。

1.新たに指定された「環境教育等支援団体」について  

支援事業

SDGs for School(URL:http://www.thinktheearth.net/sdgs/)

支援団体

一般社団法人 シンク・ジ・アース(東京都渋谷区代官山町9-10 co-lab代官山6R01)

事業内容

 「SDGs for School」は、持続可能な社会創生のために創造的な教育を実践する現場の先生と生徒を応援するプロジェクト。大人と子どもたちが一緒にSDGsを学び、課題解決のために自ら行動する人を増やすことを目的に様々な事業を実施しています。例えば、SDGsを楽しく分かりやすく学べる教材(書籍、冊子、映像、指導案等)制作や、日本各地の指導者をつなぎ、授業事例やSDGsの知識を深める研修や交流の場を企画・実施するほか、子どもたちを「問題の現場」に連れて行くフィールドツアー、企業や自治体向けのSDGs研修プログラム等を提供しています。

2.「環境教育等支援団体指定制度」について

 環境教育等促進法第10条に基づき、環境保全活動、協働取組等を行う国民や民間団体等を支援する事業を行う団体を、団体からの申請を受けて、主務大臣が指定する制度です。指定団体の周知により、環境教育等を実践しようとする人や団体が、広域的な情報やニーズに合った情報の、適時の入手を可能とすることなどを目的としています。また、指定された団体には、「環境教育等支援団体指定マーク」の使用が許諾されます。

 現在、6件の事業が登録されています。

(参考:環境教育等支援団体の指定制度について http://www.env.go.jp/policy/post_41.html

支援団体指定マーク

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03-3351-3581
  • 直通03-5521-8231
  • 室長相澤 寛史(内線 6240)
  • 室長補佐高橋 知哉(内線 6272)
  • 担当河地 謙典(内線 6267)
ページ先頭へ