報道発表資料

令和3年11月1日
総合政策
この記事を印刷

第22回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN22)シンポジウムの開催について

環境省は、令和3年11月26日(金)に第22回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN※1)シンポジウムをオンラインで開催するのでお知らせします。TEENは「環境共同体意識の向上」を図るため、日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM※2)の下に合意された共同プロジェクトの1つです。シンポジウムは、日本語、英語、中国語及び韓国語で行われ一般公開されます(日本語の同時通訳あり。)。

1.日時

令和3年1126日(金)10:0016:30(休憩12:0014:00

2.開催

オンライン形式(Webexを使用)

3.目的

本シンポジウムは、三カ国の環境教育専門家等により、日中韓の多様な主体による環境教育ネットワークを推進し、さらに環境教育に関して意見を交換することを目的としています。本シンポジウムは一般公開とし、基調講演や各国からの事例紹介を行い、これからどのように地域の脱炭素化を達成し、ESDの推進及びSDGsへ貢献できるかについて話し合います。

※1 TEEN: Tripartite Environment Education Network

平成12年2月、北京で開催された第2回日中韓三カ国環境大臣会合において、「環境共同体意識の向上」を図るための三カ国協力プロジェクトを形成、推進していくことが決定されました。これを受け、特に市民レベルの環境共同体意識の向上を具体化するプロジェクトとして、三カ国で「環境教育ネットワーク」を構築することが合意されました。

日中韓環境教育ネットワーク(TEEN) について

http://www.env.go.jp/earth/coop/temm/project/teen.html

※2 TEMM: Tripartite Environment Ministers Meeting

TEMMについて

https://www.env.go.jp/earth/coop/temm/aboutus/index.html

4.主なプログラム

テーマ:2050年に向けた私たちの選択~脱炭素社会の実現のために~

・主催者挨拶

・TEENの取組の紹介

・基調講演

・脱炭素の取組に関する日中韓の専門家及びユースからの事例報告

・パネルディスカッション

※詳細はTEEN22シンポジウムのホームページを御覧ください。

https://www.jeef.or.jp/activities/teen22symposium/

【参加申込み(定員:先着500名)】

上記TEEN22シンポジウムのホームページにアクセスいただき、登録フォームから申込みをお願いいたします。

定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

5.主催

環境省

6.使用言語

 日本語、英語、中国語及び韓国語(日本語の同時通訳あり。)。

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 室長相澤 寛史(内線 6051)
  • 企画官浅原 堅祐(内線 6240)
  • 室長補佐田代 久美(内線 6262)

環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室

  • 代表03-3581-3351
  • 室長杉本 留三(内線 6765)
  • 室長補佐川辺 俊輔(内線 6761)
  • 担当程   藍(内線 7724)
ページ先頭へ