報道発表資料

令和3年7月20日
地球環境
この記事を印刷

CCUSの早期社会実装会議(第3回)~これまでの歩みと脱炭素化に向けた展望~の開催について

令和3年8月3日(火)に「CCUSの早期社会実装会議(第3回)~これまでの歩みと脱炭素化に向けた展望~」を開催します。

 昨今の我が国での豪雨や台風、海外でも欧州の記録的な熱波、北米のハリケーン災害、豪州の広範囲の森林火災といった大規模な気象災害が多発する現在の状況は、単なる気候変動問題ではなく、気候危機とも言われる状況になっております。このため、世界的にカーボンニュートラルな社会への変革が求められており、我が国は、令和2年10月に2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言いたしました。

 このような背景の下、我が国は、再生可能エネルギーの主力電源化を始めとするCO2の削減に取組みつつ、CO2を回収し大気中に放出させない回収・有効利用・貯留(CCUS:Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)の技術確立に取り組んでおり、特にCCSの技術を活用することで、大幅なCO2の削減を可能とするカーボンニュートラルな社会の実現が期待されます。

 環境省は、経済産業省との役割分担の上、これまで企業・研究機関等と連携し、CCUSに関する各種技術の実証事業を実施してきました。早急な社会実装を進めていく必要があることを踏まえ、CCUSの技術実証についてのこれまでの歩みや目標を関係者間で適切に共有・議論し、学識者や関係業界の専門家等による御助言を賜りつつ、各種取組の一層の加速化及び具体的な目標の明確化を含む今後の道筋の検討を行うため、「CCUSの早期社会実装会議(第3回)~これまでの歩みと脱炭素化に向けた展望~」を開催します。

1.開催日時

 令和3年8月3日(火) 13:00~16:00

2.形態

 ZoomによるWeb開催

3.定員

 約1,000名(事前登録制)

4.主催

 環境省

5.参加費

 無料

6.使用言語

 日本語

7.プログラム

 ※講演プログラムの最新情報は下記ウェブサイトにて掲載しております。

 < http://www.env.go.jp/earth/ccs/ccus-kaigi/ccus2021.html >

8.参加申し込み

 本会議はwebにて放映を行います。事前申し込み制としますので、参加を御希望される方は、以下のホームページからお申し込みください。お申し込みいただいた方にweb視聴用URLをお知らせいたします。

<ホームページ:https://zoom.us/webinar/register/WN_YVIFXWd8RN25iyXt5RojxA

添付資料

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339
  • 室長加藤 聖(内線 6771)
  • 室長補佐宮岡 俊輔(内線 7725)
  • 担当猪狩 浩介(内線 7721)
  • 担当渡邉 耕平(内線 7729)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ