報道発表資料

令和3年7月20日
自然環境
この記事を印刷

エコツーリズム推進法に基づく全体構想の認定について「白川村エコツーリズム推進全体構想」

 エコツーリズム推進法(平成19年法律第105号)第6条第1項に基づき、岐阜県白川村から主務大臣(環境大臣、国土交通大臣、文部科学大臣及び農林水産大臣)宛てにエコツーリズム推進全体構想の認定に係る申請書の提出がありました。これを受け、審査を行ったところ、同法第6条第2項各号の基準に適合すると認められ、これを認定しました。これにより、全国の全体構想の認定数は、計19件となりました。

1 エコツーリズム推進全体構想名称

「白川村エコツーリズム推進全体構想」

2 認定日

令和3年7月20日(火)

3 エコツーリズム推進全体構想の概要

申請者 :白川村

協議会名:白川郷まるごと体験協議会

※ 詳細は添付資料「白川村エコツーリズム推進全体構想概要」を御覧ください。

 全体構想本文及び関係資料については以下環境省ホームページに順次掲載の予定です。

http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism/index.html

<参考>

添付資料1「白川村エコツーリズム推進全体構想 概要」

添付資料2「エコツーリズム推進法に基づく全体構想認定状況」

添付資料

連絡先

環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室

  • 代表03‐3581‐3351
  • 直通03‐5521‐8271
  • 室長岡野 隆宏(内線 6641)
  • 室長補佐尾﨑 絵美(内線 6642)
  • 専門官荻野 周(内線 6644)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ