報道発表資料

令和3年3月25日
保健対策
この記事を印刷

令和3年度地方公共団体における効果的な熱中症予防対策の推進に係るモデル事業の公募結果について(お知らせ)

「令和3年度地方公共団体における効果的な熱中症予防対策の推進に係るモデル事業」の公募結果についてお知らせします。
なお、本事業は、令和3年度予算の成立が前提となるものです。

 環境省では、令和3年度の新事業として、地域における効果的な熱中症予防対策を推進することを目的とした「令和3年度地方公共団体における効果的な熱中症予防対策の推進に係るモデル事業」において、全国よりモデルとなって必要な対策の検討・実行等を実施していただく地方公共団体を支援することとしています。

 令和3年1月12日(火)から同年2月19日(金)の期間、地方公共団体の公募を行い、計9団体から応募があった中、審査委員会における厳正な審査を行い、以下の地方公共団体を採択することを決定いたしました。

 なお、事業終了後、事業の成果等の結果については、他の地域における積極的な取組を推進するため、公表することを予定しています。

【採択地方公共団体】※各地方公共団体の取組(予定)の概要は「別紙」参照
  • 群馬県上野村

  • 東京都豊島区

  • 神奈川県川崎市

  • 岐阜県多治見市

  • 静岡県浜松市

  • 京都府

  • 大阪府吹田市

  • 福岡県福岡市

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境保健部環境安全課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8261
  • 課長太田志津子(内線 6350)
  • 課長補佐福嶋 慶三(内線 6359)
  • 主査石橋 七生(内線 6365)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ