報道発表資料

令和2年3月27日
水・土壌
この記事を印刷

令和元年度東京湾環境一斉調査 調査結果の公表について

令和元年度東京湾環境一斉調査の調査結果を取りまとめましたので、お知らせします。今年度は、民間企業、団体、研究機関等、172機関に参加いただきました。

1.実施内容

(1)水質調査

・実施日 令和元年8月7日(水)

・参加機関数 172機関

・調査地点数 海域670地点、河川421地点、計1,091地点

・調査内容 東京湾及び流域河川において、下記の項目等の調査を実施

 【海域】水温、塩分、溶存酸素量(DO)、化学的酸素要求量(COD)、透明度

   【河川】水温、流量、溶存酸素量(DO)、化学的酸素要求量(COD)、透明度

・結果概要

  大井府ふ頭から扇島の沿岸部にかけて3 mg/L以下の貧酸素水塊が観測されました。

(2)生物調査

  ・実施期間 令和元年5月~11月

  ・参加機関数 20機関

  ・調査内容 底生生物、魚類などの生物調査データ収集

・結果概要 干潟での調査において、15綱71種の生物を確認しました。

(3)環境啓発活動等のイベントの実施

  ・実施期間 令和元年6月~12月

  ・参加機関数 19機関

  ・活動内容 水質改善等に関する普及啓発活動を含むイベントの実施

  ・結果概要 海岸のごみ拾いなどを実施しました。

2.調査結果

  調査結果の概要及び調査結果を取りまとめた報告書は、以下URLから御覧いただけます。

  <東京湾環境一斉調査HP>

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TB_Renaissance/Monitoring/General_survey/index.htm

<環境省HP 報道発表資料>

  http://www.env.go.jp/press/ 107879.html

添付資料

連絡先

環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8319
  • 室長中野 哲哉(内線 6502)
  • 室長補佐浜名 功太郎(内線 6503)
  • 係長森 飛洋(内線 6506)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ