報道発表資料

令和2年2月18日
地球環境
この記事を印刷

TCFDシンポジウムの開催について

環境省は令和2年3月19日(木)に「TCFDシンポジウム 気候変動対応を通じた企業価値向上に向けて~シナリオ分析と開示の最前線~」を開催いたします。日本においてはTCFD提言に賛同する企業数が世界一位となっており、本シンポジウムは、これらの企業に対してTCFD提言に沿った具体的なアクションを促進させるものです。
また、環境省では平成30年度より「TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業」を実施し、その成果を取りまとめた「TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド~」を公表しております。本シンポジウムでは、当日に今年度の支援の成果を踏まえた改訂版を公表、配布する予定です。

本イベントの開催を中止いたします。

 本イベントについては、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開催を中止することといたしました。参加を予定していた皆様には大変御迷惑をお掛けいたしますが、何卒御理解の程、よろしくお願いいたします。

1.日時・場所

日時:令和2年3月19日(木) 14:00~17:10(受付開始13:30)

会場:ベルサール神田 ホール 

東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル2F

主催:環境省

共催:TCFDコンソーシアム

※参加費無料。

2.プログラム(予定)

開催時間

内容

講演者

14:00-14:15

開会の御挨拶

環境省・経済産業省・金融庁

14:15-14:20

【ビデオメッセージ】

TCFD事務局

ブルームバーグL.P.

メアリー・シャピーロ 氏

14:20-14:45

【基調講演】

日本におけるTCFDの動きと企業価値向上について

TCFDコンソーシアム会長

伊藤 邦雄 氏

14:45-15:00

【講演】

世界におけるTCFDの最新動向と日本の状況

三菱商事株式会社

サステナビリティ・CSR部長

藤村 武宏 氏

15:00-15:20

【成果発表】

「TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド~Ver2.0」の解説

環境省

地球環境局 地球温暖化対策課 

課長 奥山 祐矢

15:20-15:40

休憩

15:40-17:10

【パネルディスカッション】

TCFDに沿ったシナリオ分析と開示の実践に向けて

Part1

企業によるシナリオ分析実践のポイント

○パネリスト

株式会社日本政策投資銀行

竹ケ原 啓介 氏

他 事業会社

○モデレーター

JFEホールディングス株式会社

手塚 宏之 氏

【パネルディスカッション】

TCFDに沿ったシナリオ分析と開示の実践に向けて

Part2

企業・投資家の円滑な対話に向けた開示情報の評価・活用のあり方

○パネリスト(Part1登壇者に加え)

アムンディジャパン株式会社 

近江 静子 氏

りそなアセットマネジメント株式

会社

松原 稔 氏

○モデレーター

株式会社日本政策投資銀行

竹ケ原 啓介 氏

※プログラムの内容・登壇者は都合により変更となる場合がございます。

最新のプログラムについては、リンク先を御確認ください。

https://tohmatsu.smartseminar.jp/public/seminar/view/6784

3.参加申込み方法

下記リンク先の「申し込む」からお申し込みください。

https://tohmatsu.smartseminar.jp/public/seminar/view/6784   

申込期限:令和元年3月9日(月)

定員:500名

  ※応募者多数の場合、抽選とさせていただきます。参加の可否については令和2年3月13日(金)までに御案内いたします。

※御応募につきましては1社2名までとさせていただきます。

※取材はフルオープンです。

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8249
  • 課長奥山 祐矢(内線 6736)
  • 課長補佐岸  雅明(内線 6721)
  • 係長飯野 祐平(内線 7743)
  • 担当曽根 拓人(内線 6779)

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8229
  • 課長西村 治彦(内線 6260)
  • 課長補佐田辺 敬章(内線 6268)
  • 主査松田 幸子(内線 6275)
ページ先頭へ