報道発表資料

令和元年10月21日
自然環境
この記事を印刷

東京港青海ふ頭におけるヒアリの確認について(令和元年10月10日の続報)

 東京港青海ふ頭において、9月10日、10月7日及び10月9日に特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されたことを受けて(※)、環境省では、専門家及び東京都の協力のもと、10月10日から18日にかけて、確認地点の追加調査を実施しました。 ※ 令和元年9月12日及び10月10日報道発表
 調査の結果、一定の規模のコロニーを形成しており、多数の有翅女王アリ(50個体以上)を含んでいたことが確認されました。確認された個体(7日からの総計で、働きアリ約750個体、女王アリ約56個体、雄アリ2個体、幼虫約10個体)は既に殺虫処理を行っていますが、繁殖可能な有翅女王アリが周囲に飛翔した可能性があることから、一層の対応が必要な状況と認識しています。
 10月21日にヒアリ対策関係閣僚会議が開催され、政府一丸となって当該港湾周辺における徹底した調査と確実な防除等により国内での定着を阻止することが確認されたことを受け、環境省としても、これまでの調査・防除体制を更に強化します。
 平成29年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は令和元年10月21日(月)現在で14都道府県、計45事例です。本件は45事例目の続報です。

1.前回発表(10月10日)までの経緯

9/10    東京港青海ふ頭においてヒアリを確認し、駆除を実施(令和元年9月12日報道発表)

10/7    環境省が実施するヒアリ確認地点周辺調査(東京港青海ふ頭)において、調査事業者がコンテナ

     ヤードの舗装の継ぎ目の土が溜まった部分にヒアリと疑わしいアリ数十個体を目視で確認。継ぎ目の

     下部の土中への出入りも確認。

      関東地方環境事務所に通報するとともに、専門家による同定を実施。

      当該アリについて、専門家がヒアリであることを確認。

10/9    専門家、調査事業者、東京都及び環境省の職員が現地を確認し、防除を実施。

     防除は、専門家がコンクリート舗装の継ぎ目の土砂を掘り起こしながら確認した個体を殺虫。

     ヒアリの出入りが確認された箇所に殺虫剤(液剤)を集中的に散布・注入。周辺に殺虫餌を設置。

     発見時を含め、働きアリ300個体以上、有翅女王アリ20個体、幼虫約10個体を確認。

2.前回発表(10月10日)以降の経緯

10/10    調査事業者及び環境省の職員が現地を調査し、新たに働きアリ300個体以上、有翅女王アリ20個

      体(死骸含む)、有翅オスアリ1個体を確認。ヒアリが確認された箇所に殺虫剤(液剤)を集中的

      に散布・注入。

10/11    専門家、東京都及び環境省の職員が現地を調査し、新たに働きアリ約50個体、有翅女王アリ1個

      体及び死骸約15個体、有翅オスアリ1個体を確認。ヒアリが確認された箇所に殺虫剤(液剤)を     

      集中的に散布・注入。

10/17-18   専門家、調査事業者、東京都及び環境省の職員が現地を調査し、新たに働きアリ約100個体を確

      認。ヒアリが確認された箇所に殺虫剤(液剤)を集中的に散布・注入。

    

3.今回のヒアリの確認状況について

 追跡調査の結果、東京港青海ふ頭のコンテナヤードにおいては、地面に巣が形成されており、10月7日からの累計で働きアリ約750個体に加え、女王アリが50個体以上が発見されました。専門家からは以下のようなことが指摘されています。

 ○繁殖可能な女王アリが飛び立ち他の場所に広がった可能性が高いこと

 ○速やかに徹底した周辺調査と防除を行わなければ定着が危惧されること

4.今後の対応

 10月21日にヒアリ対策関係閣僚会議を開催し、政府一丸となって当該港湾周辺に おける徹底した調査と確実な防除を行うほか、本件を受けて全国的な取組状況についても再度確認、徹底を図ることにより、国内での定着を阻止することを確認しました。

 関係閣僚会議において 今後の取組が別紙のとおり取りまとめられました。環境省としても、東京港におけるヒアリの確認状況を踏まえ、一層の対応が必要な状況と認識し、関係省庁や関係自治体とさらに連携を強化して、確認地点の防除と周辺地域の調査、全国の港湾における水際対策の強化等を通じて定着防止に万全を期してまいります。

5.疑わしいアリの発見時の対応について

 疑わしいアリを発見された方は、以下に留意するようお願いします。

<事業者の皆様へのお願い>

 コンテナの開封時等にヒアリやアカカミアリと疑わしいアリを発見した場合、まずは刺激を避けつつ、コンテナのどの箇所にどの程度の生きたアリ類がいるか等、状況を確認してください。

 ①多数の生きたアリ類の集団がいる(予想される)場合は、コンテナの扉を閉めて逃げ出さないよう 

  静置してください。そのうえで、関係機関(港湾管理者、地方公共団体、環境省地方環境事務所

  等)に速やかに連絡し、取り扱いについて相談してください。可能であれば、強粘着の布ガムテー

  プでコンテナの目張りをするなど、アリが逃げ出さないよう対応してください。

 ②アリ類が少数しかおらず、逃げ出す恐れのない場合は、市販のスプレー式殺虫剤等でその場で駆除

  してください。その上で、関係機関に速やかに連絡し、取り扱いについて相談してください。

 詳しくは、環境省の「ヒアリの防除に関する基本的考え方 Ver.2.0」のP.16~20を参照してください。

http://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/file/hiariboujo_Ver.2.0.pdf

<一般の皆様へのお願い>

○ヒアリの詳しい特徴や注意事項、見つけたときや刺されてしまった場合の対処方法などについては下

 記を参照してください。

 「特定外来生物ヒアリに関する情報

http://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/hiari.html

○ヒアリやアカカミアリと疑わしいアリを発見した場合や、ヒアリやアカカミアリの特徴等一般的な問

 合せ、健康被害の問合せ等については、「ヒアリ相談ダイアル」を御利用ください。

・受付曜日:10月21日から令和元年3月 土日祝を含む毎日

・受付日時:午前9時から午後5時

・ヒアリ相談ダイアル 0570-046-110

令和元年7月1日からはチャットボット(自動会話プログラム)による情報提供や相談受付等を行っています。以下のURLから、24時間、365日御利用いただけます。

「アリーのヒアリ相談チャットボット」

http://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/05_contact/index.html

○今回確認されたヒアリ(女王アリ)

○今回確認された場所の状況

○今回ヒアリが発見された場所