報道発表資料

平成30年8月24日
自然環境
この記事を印刷

「新宿御苑菊花壇展(明治150年特別展示)」の開催等について

 旧皇室苑地として年間250万人(平成29年度)の来苑者を迎える新宿御苑において、11月1日から15日まで、恒例の「新宿御苑菊花壇展」を開催します。今年は明治150年記念として、通常の展示に加え特別の展示や企画を実施する予定です。詳しくは後日あらためて公表いたします。
 また、近年の外国人来苑者の増加への対応やユニバーサルデザイン化を図るため、このたび苑内トイレ14箇所について、洋式化工事を行いました。

1.「新宿御苑菊花壇展(明治150年特別展示)」について

新宿御苑では例年どおり11月1日~15日の間、新宿御苑菊花壇展を実施します。

見頃は開催期間の中頃になると見込まれます。

 

(1)「新宿御苑菊花壇展」の概要

日本庭園に上家(うわや)といわれる建物を設け、特色あふれる菊の花々を、独自の様式を基調に飾り付けています。日本庭園を道順に沿って回遊すると、庭園と調和するように設置された8つの上家花壇と露地花壇を、最も美しく鑑賞することができます。

○日時 11月1日(木)~11月15日(木)(期間中は無休)9:00~16: 00(閉園は16:30)

○会場 新宿御苑内 日本庭園

○料金 新宿御苑への入園料が必要です。(一般200円、小・中学生50円)

   ※詳細は【別添1】新宿御苑菊花壇展ポスター.pdfをご参照下さい。

(写真:大作り花壇)

※1株から数百輪の花を咲かせます。

(2)実施主体

主催 環境省 新宿御苑管理事務所

(3)本件に関するお問い合わせ

新宿御苑サービスセンター(開園日9:00~17:00)

〒160-0014 東京都新宿区内藤町11            

TEL:03-3350-0151

(4)その他

御来園の際は、肌の露出をできるだけ避けるなど虫にさされないようお気を付けください。

(写真:大作り花壇)

※1株から数百輪の花を咲かせます。

2.新宿御苑におけるトイレの洋式化工事について

  近年の外国人来苑者の増加への対応やユニバーサルデザイン化を図るため、全ての苑内トイレについて、洋式化工事を行いました。

詳細は【別添2】新宿御苑におけるトイレ洋式化工事について.pdfをご参照下さい。

また、新宿御苑では、訪日外国人旅行者対策として苑内の標識やパンフレット等の多言語化の他、苑路の段差解消や施設へのスロープの設置、わかりやすいトイレサイン表示の徹底、トイレの緊急呼出し紐の設置、バリアフリールートの紹介等、ユニバーサルデザイン化を進めています。

連絡先
環境省自然環境局新宿御苑管理事務所
直 通 03-3350-0152
所 長 櫻井 洋一
菊科長 土屋 伸一

環境省自然環境局総務課
代 表 03-3581-3351
課 長 永島 徹也(内 6410)
専門官 相澤 和春(内 6414)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ