自然環境・生物多様性

レッドリストのカテゴリー(ランク)

 レッドリストでは、種毎に絶滅のおそれの程度に応じて、以下のとおりカテゴリー分けをして評価しています。詳細については、資料「環境省レッドリストカテゴリーと判定基準」を参照して下さい。

絶滅のおそれのある種のカテゴリー(ランク)

絶滅 (EX) 我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
野生絶滅 (EW) 飼育・栽培下あるいは自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ 存続している種
絶滅危惧I類 (CR+EN) ※ 絶滅の危機に瀕している種
絶滅危惧IA類(CR)※ ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
絶滅危惧IB類(EN)※ IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
絶滅危惧II類 (VU) 絶滅の危険が増大している種
準絶滅危惧 (NT) 現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
情報不足(DD) 評価するだけの情報が不足している種
絶滅のおそれのある 地域個体群 (LP) 地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの
  • ※絶滅のおそれのある種(絶滅危惧種)

 環境省レッドリストカテゴリーと判定基準(2017)(PDF 228KB)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ