自然環境・生物多様性

希少野生動植物種保存基本方針

絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律第六条に基づき、希少野生動植物種の保存のための基本方針(希少野生動植物種保存基本方針)が閣議決定されています。

平成30年4月13日に閣議決定された希少野生動植物種保存基本方針の背景及び変更(追加)の主な内容は以下のページをご覧下さい。

希少野生動植物種保存基本方針の変更の検討について

平成29年6月2日、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律の一部を改正する法律が公布されました。同法の内容等については、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律第6条に規定する希少野生動植物種保存基本方針に反映させる必要があることから、本基本方針の変更について検討するため、中央環境審議会自然環境部会野生生物小委員会で審議するとともに、希少野生動植物種保存基本方針検討会を以下の通り開催しました。この検討結果を踏まえた答申に基づき、平成30年4月13日に本基本方針の変更を行いました。

中央環境審議会自然環境部会野生生物小委員会

希少野生動植物種保存基本方針検討会

過去の希少野生動植物種保存基本方針

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ