自然環境・生物多様性

ライチョウ

1.概要

(1)分類
  • キジ目 ライチョウ科
  • ライチョウ
  • 学名  Lagopus mutus japonicus
  • 絶滅危惧ⅠB類(環境省第4次レッドリスト)
(2)分布及び個体数
  • 日本のライチョウは、北半球北部に広く分布する種ライチョウ(Lagopus mutus)の中で、分布の最南端に隔離分布する亜種。
  • 高山帯に隔離分布しており、現在の分布域は頸城山塊、北アルプス、乗鞍岳、御嶽山、南アルプス。
  • 1980年代には約3,000羽と推定されたが、2000年代には2,000羽弱に減少したと推定されている(信州大学)。

写真:ライチョウ

2.形態的特徴及び生物学的特性

  • 成熟個体で全長37cm。
  • 夏羽は白・黒・茶の斑模様で、冬羽は尾を除き全身白色となる。
  • メスは6月にハイマツなどの根元など地上に窪みを作って巣とし、6卵ほど産卵する。
  • 主な食物は高山植物の芽、種子など植物質。春から夏には昆虫類なども食べる。
  • 遺伝子解析から、5つの遺伝集団(頸城山塊、北アルプス、乗鞍岳、御嶽山、南アルプス)に分かれていると考えられている(信州大学ほか)。

3.好適な生息地

  • 主に本州中部の標高2,200~2,400m以上の高山帯(ハイマツ林帯や岩石帯)で繁殖し、冬期には亜高山帯にも降りて生活する。

4.生息を脅かす要因

  • 捕食者となり得る種の分布拡大による影響(キツネ、カラス等)
  • 従来生息していなかった種(ニホンジカ、ニホンザル等)が侵入し、高山植生が採食されることによる生息環境の劣化
  • 山岳環境の汚染に起因する感染症の原因菌等の侵入
  • 登山客等の増加に伴う攪乱
  • 気候変動による営巣環境・植生等への影響

5.保護の取り組み

  • 種の保存法に基づく国内希少野生動植物種(平成5年)。保護増殖事業計画策定(24年)
  • 国指定の特別天然記念物(大正12年)。
  • 生息地の多くが国立公園(妙高戸隠連山国立公園、中部山岳国立公園、南アルプス国立公園)や鳥獣保護区(北アルプス鳥獣保護区)に指定。
  • 長野県希少野生動植物保護条例に基づく指定希少野生動植物(平成16年)
  • 生息域外保全に関連し、国内の動物園6施設において、別亜種スバールバルライチョウによる飼育・繁殖の知見の集積が行われている。

6.参考

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ