自然環境・生物多様性

キタダケソウ

1.概要

(1)分類
  • キンポウゲ目 キンポウゲ科
  • キタダケソウ
  • 学名  Callianthemum hondoense
  • 絶滅危惧Ⅱ類(環境省第4次レッドリスト)
(2)分布及び個体数
  • 南アルプス国立公園内の北岳山頂部南東斜面に生育(標高2,750m以上で高山植物群落地帯)。
  • 個体数は約600(2000年環境省レッドデータブック)。

写真:キタダケソウ

2.形態的特徴及び生物学的特性

  • 高山の礫まじりの草地に生える多年草で、南アルプス北岳のみに生育するわが国固有種。
  • 高さ10cm内外。花は6-8枚、6月下旬から7月上旬にかけて開花。

3.生息を脅かす要因

  • かつて園芸用に盗掘されたことが減少の主要因とされる。

4.保護増殖事業の概要及びその効果

  • 平成6年国内希少野生動植物種に指定。
  • 同年、北岳山頂部南東斜面の生育地38.5haを「北岳キタダケソウ生育地保護区」として指定。
  • 平成7年に保護増殖事業計画(環境省)を策定。
  • 開花時期を中心にパトロールを実施。近年、盗掘被害は激減しているが、踏み込みやストックによる生育地の攪乱が確認されている。

5.参考

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ