自然環境・生物多様性

【ご注意下さい!】ビクーナ製品の譲渡規制について

譲渡規制について

ビクーナ(学名:Vicugna vicugna)は、「絶滅のおそれのある野⽣動植物の種の保存に関する法律」(以下「種の保存法」という。)第4条第4項の国際希少野⽣動植物種に指定されており、「個体、はく製、⽑、⽪、⽑⽪製品※1」等について、第12条に基づき譲渡し等※2が原則禁⽌されています。

ただし、規制適⽤前から所有されているもの、適法に輸⼊されたもの等については、種の保存法第20条に基づき、登録機関である⼀般財団法⼈⾃然環境研究センターに申請をして登録を受け、交付された登録票を添付することで、譲渡し等が可能となります。
また、譲受け⼜は引取り(買う、借りる、もらう等)を⾏った⽅は、種の保存法第21条第5項に基づき、30
⽇以内に同センターへ届出を⾏う必要があります。
※1:⽑を材料として製造された⾐類、装⾝具、調度品
※2:譲渡し若しくは譲受け⼜は引渡し若しくは引取り。具体的には、売る、買う、貸す、借りる、あげる、も
らう等。

⽑⽪製品の規制対象について

種の保存法に基づく譲渡し等の規制の対象になっている動植物は、その⼤きさ、形態、利⽤⽅法等が極めて
多岐にわたっています。そのため、規制対象となる基準を「種を容易に識別できるもの」としており、「個体
の器官(⽑、⽪等)を製品の⼀部にのみ使⽤し、種の識別が困難なものは含まれない」こととしています。

そのため、ビクーナの⽑繊維の混紡品については、ビクーナの⽑を⼀部使⽤したものであるため運⽤上規制
の対象外とし、ビクーナの⽑及び⽑⽪製品については、純正品(原材料100%)のみを登録の対象としていま

すなわちビクーナについては、個体、はく製、⽑(純正品のみ)、⽪、⽑⽪製品(上記※1で純正品を全部又は一部に使用したもの)が規制対象となります。

罰則規定について

譲渡し等の規制の対象となっている個体、個体の器官、個体の加⼯品、個体の器官の加⼯品について、登録
を受けないで譲渡し等を⾏った場合、種の保存法第57条の2により、5年以下の懲役若しくは最⼤500万以下の罰⾦又はその併科(法⼈の場合は1億円以下の罰⾦)、また、譲受け⼜は引取り(買う、借りる、もらう等)を⾏った後30⽇以内
に⾃然環境研究センターに届出を⾏わない場合は、第63条により、30万以下の罰⾦となりますので、ご注意下
さい。

お問い合わせ先

制度に関するお問い合わせ
環境省⾃然環境局野⽣⽣物課 条約法令係
登録・届出の⼿続に関するお問い合わせ
⼀般財団法⼈⾃然環境研究センター 国際希少種管理事業部