ビルは“ゼロ・エネルギー”の時代へ

コロナと換気

ここから本文です。

1. 新型コロナ対策のための換気について

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)では、集団感染が確認された場所で共通する次の3条件が示されています

 ① 換気の悪い密閉空間であった
 ② 多くの人が密集していた
 ③ 近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われた

このうち、「換気の悪い密閉空間」を改善するためには、適切な換気を行うことが必要です。

感染症対策のための適切な換気方法について

適切な換気として、「窓の開放による方法」「機械換気(空気調和設備、機械換気設備)を使用する方法」があります。

窓の開放による方法

1時間に2回以上換気を行うこと

・換気の目安:30分に1回以上、数分間程度、窓を全開にすること
・開放する窓は2方向とし、窓が1方向しかない場合には、ドアを開けること

窓の開閉

機械換気による方法

1人当たり毎時30m3の換気量を確保すること

・必要換気量が足りない場合は、一部屋当たりの在室人数を減らすことで調整すること
※部屋の換気能力は、竣工図等でご確認ください。

機械換気

出所)厚生労働省 「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法 [PDF 278kB]

ページ先頭へ