廃棄物・リサイクル対策

優良産廃処理業者認定制度

本制度について

 通常の許可基準よりも厳しい基準に適合した優良な産廃処理業者を、都道府県・政令市が審査して認定する制度です。平成22年度の廃棄物処理法改正に基づいて創設され、改正法の施行日である平成23年4月1日より運用開始しました。

※根拠規定:廃棄物処理法第14条第2項及び第7項並びに第14条の4第2項及び第7項

認定の基準

優良産廃処理業者認定制度における認定を受けるためには、以下の基準に適合することが必要です。

  • 遵法性
  • 事業の透明性
  • 環境配慮の取組
  • 電子マニフェスト
  • 財務体質の健全性

メリット

優良産廃処理業者認定制度における認定を受けた産業廃棄物処理業者(以下、「優良認定業者」という。)は、以下のメリットを受けられます。

  • 許可証等を活用したPR
  • 産業廃棄物処理業の許可の有効期間の延長
  • 申請時の添付書類の一部省略(自治体の判断によります。)
  • 財政投融資における優遇
  • 環境配慮契約法に基づき国等が行う産業廃棄物の処理に係る契約での有利な取扱い

優良認定業者の情報

  • 優良さんぱいナビのロゴ画像
    優良さんぱいナビ。優良認定業者を、廃棄物の種類、地域、処理方法等から検索できます。
  • さんぱいくん(リンク)
    事業の透明性に係る基準を満たすために会社情報等を登録した産廃処理業者を検索することができます。現在の優良認定業者の一覧も公開しています。

普及に向けた取組

パンフレット

動画

 環境省動画サイトにて御覧いただけます。

※本動画中に登場する「優良性評価制度」とは「優良産廃処理業者認定制度」の前身の制度であり、平成23年3月31日まで運用されていました。

イベント

マニュアル

より詳しい解説については以下のマニュアルを御覧ください。

関連情報

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ