総合環境政策

エコアクション21

 環境省では平成8年より、中小事業者等の幅広い事業者に対して、自主的に「環境への関わりに気づき、目標を持ち、行動することができる」簡易な方法を提供する目的で、エコアクション21を策定し、その普及を進めてきました。

 エコアクション21は、環境マネジメントシステム、環境パフォーマンス評価及び環境報告をひとつに統合したものであり、エコアクション21に取り組むことにより、中小事業者でも自主的・積極的な環境配慮に対する取組が展開でき、かつその取組結果を「環境活動レポート」として取りまとめて公表できるように工夫されています。

 平成16年には、グリーン購入の進展や大手事業者におけるサプライチェーンのグリーン化、環境報告書の進展・普及、地方自治体等における独自の環境マネジメントシステムに関する認証・登録制度の創設等に対応するため、エコアクション21の仕組みの見直しを行い、認証・登録制度に活用できるものへと改訂しました。

 さらに、平成21年には、内容をよりわかりやすくするとともに、エコアクション21の取組をさらに促進することによって、環境への取り組みを発展させることを目指し、「エコアクション21ガイドライン2009年版」として改訂を行いました。

 平成23年には、エコアクション21認証・登録制度の公正かつ適切な運営が図られることを目的として、第2章「エコアクション21認証・登録制度の概要」部分について一部改訂を加えた「エコアクション21ガイドライン2009年版(改訂版) [PDF 1,410KB]」を策定しました。

 本ガイドラインは現行版の策定から5年が経過し、策定当時と比べると二酸化炭素排出量削減の重要性が増すなど、社会情勢も変化を続けています。また、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001が平成27年度に大幅改訂され公開される予定です。このような状況を踏まえ、環境省では、平成27年度よりエコアクション21ガイドラインの改訂に関する検討を実施しています。(平成29年に改訂版を公開予定。)

エコアクション21ガイドライン2009年版(改訂版) 附属資料

※ なお、温室効果ガス排出量の把握に当たっては、必要に応じて、下記の資料参照
(平成22年12月27日 平成21年度の電気事業者別実排出係数・調整後排出係数等の公表について

エコアクション21 業種別ガイドライン2009年版

エコアクション21ガイドライン2009年版(改訂版)の第2章に基づき、業種別ガイドラインを以下通り策定しています。

 今後とも、より多くの事業者が積極的、主体的にエコアクション21に取り組み、持続可能な社会の構築に向けた取組に参画することを期待します。

※ エコアクション21ガイドラインに基づき、環境への取組を適切に実施し、環境経営のための仕組みを構築、運用、維持するとともに、環境コミュニケーションを行っている事業者を、認証し登録する制度がエコアクション21の「認証・登録制度」です。エコアクション21の認証・登録制度を行う機関は下記の通りです。

参考資料

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ