報道発表資料

平成24年5月25日
自然環境
この記事を印刷

第2回「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)の開催結果について

 5月23日(水)に、細野環境大臣、米倉委員長(一般社団法人 日本経済団体連合会会長)の出席の下、第2回「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が開催されました。委員会においては、UNDB-Jのロゴマークが決定されたほか、昨年度の事業報告、今後及び今年度の事業に関する検討、各委員や構成団体による取り組みの情報交換等が行われました。

概要

1.日時 
平成24年5月23日(水)13:00〜15:30
2.場所 
TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター3階 カンファレンスルーム3A
(東京都中央区京橋2-3-19)
3.出席者
別紙の通り
4.議事
委員会要綱等について
平成23年度事業の実施結果について
今後の事業について
委員からの取り組み等紹介
意見交換

細野環境大臣ご挨拶
細野環境大臣ご挨拶
(左からイルカ委員、涌井委員長代理、細野環境大臣、米倉委員長)

委員会の様子
委員会の様子

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)について

 2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。生物多様性条約第10回締約国会議(2010.10愛知県名古屋市)で採択された、新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。
 これを受け、愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組みを推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が昨年9月に設立されました。

議事のポイント

1.冒頭挨拶

会議の冒頭、細野環境大臣より、「10月のCOP11に向け、生物多様性国家戦略を改定し、愛知目標の達成に向けたロードマップを世界に示していく」「環境省は、愛知目標の達成に向け、UNDB-Jの活動を内外に発信するほか、国民一人一人に生物多様性に関する理解が広がるよう、最大限の努力をしていく」等のご挨拶がありました。
続いて、米倉委員長より、「UNDB-Jが昨年9月に設立して以来の、委員のご協力、ご尽力による様々な活動を、さらに発展させたい」「本日の委員会で決定するロゴマークを、UNDB-Jのシンボルマークとしてご活用いただき、生物多様性への認知、理解の拡大にご尽力頂きたい」等のご挨拶がありました。

2.委員会要綱等について

委員会の活動の裾野を広げ、セクターや地域における取り組みをさらに促進するため、以下の5団体を委員として追加することが了承されました。
社団法人 大日本水産会、全国漁業協同組合連合会、社団法人 日本林業協会、全国森林組合連合会、SATOYAMAイニシアティブ推進ネットワーク(仮称:設立予定)
UNDB-Jの活動のシンボルとして、主催・共催等の行事、制作物、媒体等に広く使用することで、UNDB-Jの認知度を高め、生物多様性の主流化を目指した取り組みを促進することを目的に、UNDB-Jのロゴマークが決定されました。

UNDB-Jのロゴマーク
UNDB-Jのロゴマーク

3.平成23年度事業の実施結果について

生物多様性全国ミーティング(H23.10.29:名古屋市)、国連生物多様性の10年国際キックオフ・イベント(H23.12.17〜19:金沢市)など、平成23年度の事業実施結果について事務局から報告がありました。

4.今後の事業について

UNDB-Jの今後の事業として、「生物多様性全国ミーティング」「特別事業」「生物多様性地域セミナー、ワークショップ」「連携事業の認定」「個別事業」「ウェブサイトによる発信」を行っていくことが了承されました。
平成24年度の具体的な取り組みとしては、生物多様性全国ミーティング(H24.11.3:横浜市)の開催、リオ+20(6月:ブラジル)やCOP11(10月:インド)におけるサイドイベントの実施、生物多様性地域セミナー・ワークショップの開催、連携事業の認定に係る基準やプロセスの検討、UNDB-J推薦図書等の実施の検討、普及啓発用の小冊子「Iki・Tomo(いきとも)」の発行等を行うことが了承されました。

5.委員からの取り組み等紹介

各委員からそれぞれの取り組み等について紹介、情報交換が行われました。

6.意見交換

UNDB-Jの今後の取り組みの方向性について、事務局より、委員会活動の裾野の拡大や、国民運動への展開を論点として示しました。
今後、委員から事務局に提出される意見も踏まえ、幹事会等で検討していくことが確認されました。
参考

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)ホームページ
http://undb.jp/

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
代表   :03-3581-3351
直通   :03-5521-8150
室長   :牛場 雅己 (内:6870)
室長補佐:常冨 豊   (内:6985)
室長補佐:山内 洋志 (内:6977)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ