報道発表資料

平成22年2月8日
地球環境
この記事を印刷

〜省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」〜「温水洗浄便座」の省エネ性能比較を追加し、2月10日よりリニューアル!ENEX2010において、リニューアルイベントを実施します。(お知らせ)

 環境省では、家庭等におけるCO2排出量の削減を推進するため、家庭での消費電力量上位4品目の、エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビについて、古い製品から新しい省エネ製品へ買換えた場合のCO2削減効果やランニングコストの低減効果などを、携帯電話やパソコン等で簡単に把握できるシステム「省エネ製品買換ナビゲーション『しんきゅうさん』」を公開・運用し、省エネ製品への買換えを推進して参りました。
 この度、新たに「温水洗浄便座」の省エネ性能比較ができる機能を加え、2月10日(水)10時より同システムをリニューアルすることとなりました。新たな品目「温水洗浄便座」は、家庭での消費電力量が6番目に高く、買換えによって高い効果が期待できます。
 さらに、昨今の技術開発により便器洗浄水量の削減も大幅に進んでおり、節水によるCO2排出量の削減が期待できることから、便器の買換えによる節水効果・CO2削減効果を新たに診断できるよう機能を追加します。
 なお、「しんきゅうさん」のリニューアルポイントについて分かりやすく説明するため、「ENEX2010」(第34回地球環境とエネルギーの調和展)内において、小沢鋭仁環境大臣出席のもと、リニューアルイベントを実施することとなりましたので、お知らせいたします。
 また、同イベントでは、チャレンジ25キャンペーン応援団でスポーツキャスターの大林素子さん、各種バラエティ番組への出演に加え、最近では家電に対する幅広い知識から家電芸人としても注目を集めているヒデ(ペナルティ)さんなどによるエコトークショーを実施します。

省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」リニューアルイベント開催概要

日時:
平成22年2月10日(水) 12:15〜12:45(報道受付:11:45〜)
場所:
東京ビックサイト 西1、2ホール
ENEX2010(第34回 地球環境とエネルギーの調和展、主催:財団法人省エネルギーセンター)内 イベントステージ
出席者:
小沢 鋭仁
環境大臣
(敬称略)
張本 邦雄
温水洗浄便座協議会会長
(TOTO株式会社 代表取締役 社長執行役員)
大林 素子
チャレンジ25キャンペーン応援団
(スポーツキャスター、(財)日本オリンピック委員会(JOC)スポーツ環境アンバサダー)
ヒデ(ペナルティ)
お笑い芸人
主催:
チャレンジ25キャンペーン(環境省)
内容:
「しんきゅうさん」システム概要紹介&リニューアルのポイント紹介
小沢環境大臣 挨拶
温水洗浄便座協議会会長 張本 邦雄氏 挨拶
フォトセッション
大林素子さん、ヒデ(ペナルティ)さんなどによるエコトークショー
ステージでは、家電製品の買換えによる省エネ効果、「温水洗浄便座」の買換えによる節水効果などについて、わかりやすく解説します。
取材について:
別紙「取材申込書」にてお申し込みください。
「しんきゅうさん」のリニューアル後のWEBサイト(http://shinkyusan.com/)は、2月10日(水)の10:00より開設します。

新品目「温水洗浄便座」について

(1)
新品目に加えた背景
「温水洗浄便座」は、家庭での電力消費の内訳のなかで、エアコン・冷蔵庫・テレビ・照明器具の4品目に次いで、6位に位置づけられており、買換えによる高い省エネ効果が見込まれます。
また、技術開発により便器洗浄水量の削減が大幅に進んでおり、電力消費量の削減だけでなく高い節水効果が見込まれます。
<参考>節水型便器への買換えによる効果
       (「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」による試算より)
洗浄水量13L型から6L型の新製品に買い換えた場合、
1日あたり 124リットルの節水、約73gのCO2排出削減に、
1年あたり 45,260リットルの節水、約26.7KgのCO2排出削減
になると試算されています。
1日あたりの節水量は、2リットルのペットボトル62本にあたります。
4人家族(男2人、女2人)、1日 大1回/小3回
6リットルの場合、大を6リットル、小を5リットルとして算出
水を使うと電気などのエネルギーが使用されるため、CO2が排出されます。水をきれいにし、各家庭に運び、最後に下水として処理するためにもエネルギーが使われます。
水のCO2排出係数は、0.59kg/m3として算出(出典:「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」(平成18年10月))
(2)
「温水洗浄便座」の省エネ性能比較 (「かんたん比較」操作の流れと画面内容)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
国民生活対策室(代表:03-3581-3351)
          (直通:03-5521-8341)
室長:植田明浩(内:6725)
担当:渡部行成、石川博貴(内:6792)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ