報道発表資料

平成21年12月17日
自然環境
この記事を印刷

平成21年度全国エコツーリズム推進セミナーの開催について(お知らせ)

 環境省では、エコツーリズムの普及、定着のために様々な取組を進めています。その取組の一つとして、平成22年1月14日、15日の2日間にわたり平成21年度全国エコツーリズム推進セミナーを飯能市市民会館で開催します。
 また、14日には今年度のエコツーリズムの優れた取組を表彰するエコツーリズム大賞の表彰式もとり行われますので、エコツーリズムの取組に関心をお持ちの方々など多数ご参加いただきますようご案内します。
 なお、会場となる飯能市は、本年9月にエコツーリズム推進法に基づく全体構想が国の認定第1号となった地域です。

1 テーマ

エコツーリズムのさらなる推進に向けて
 〜自然観光資源の保全と活用を通じた地域振興〜

2 開催日

平成22年1月14日(木)〜15日(金)

3 会場

埼玉県飯能市市民会館
(埼玉県飯能市飯能226-2 TEL:042-972-3000 FAX:042-972-3007)

4 開催日程

14日(木) (大賞表彰、基調講演、基調報告)

会場:小ホール
13:00-13:10 開会
13:10-13:50 第5回エコツーリズム大賞表彰式 ・受賞団体紹介
・講評
・表彰状授与
・大賞受賞者挨拶
13:50-14:00 (休憩)
14:00-15:30 基調講演
演題:
「エコツーリズムの魅力―日本の自然と文化の楽しみ方」
講師:
東京情報大学環境情報学科
教授 ケビン・ショート氏
15:30-15:40 (休憩)
15:40-16:00 基調報告1
演題:
「エコツーリズム推進法をめぐる動向」
講師:
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
室長 堀上 勝
16:00-17:00 基調報告2 エコツーリズム推進法に基づく全体構想認定を受けた団体からの報告
演題:
自然と文化を生かした里地里山のエコツーリズムの実践
〜飯能市民の取り組み
講師:
飯能市エコツーリズム推進協議会
会長 犬井 正氏

15日(金) (事例報告、総括パネルディスカッション、質疑)

会場:小ホール
09:30-10:00 事例報告1
演題:
「慶良間地域におけるエコツーリズムの取り組み」
講師:
慶良間サンゴ礁保全利用部会
理事 森山 敦氏
10:00-10:30 事例報告2
演題:
「コウノトリと共生する地域づくりとツーリズムへの取り組み」
講師:
NPOコウノトリ湿地ネット
副代表 佐竹 節夫氏
10:30-11:00 事例報告3
演題:
「自然のめぐみとのつながりを考えるほんもの体験」
講師:
越後田舎体験推進協議会
事務局長 小林 美佐子氏
11:00-11:10 (休憩)
11:10-12:20 総括パネルディスカッション
コーディネーター:
(財)日本生態系協会 地域計画室
室長 城戸 基秀氏
登壇者:
事例報告の各講師、環境省担当官
12:20-12:30 閉会
※15日13時30分から飯能市のエコツアーが実施されます。

5 主催:

環境省

6 協力:

NPO法人日本エコツーリズム協会

7 参加費:

無料 ※エコツアーは有料となります。

8 申込方法:

参加には申込が必要になります。詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism/index.html

連絡先
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
直通:03-5521-8271
代表:03-3581-3351
室長:堀上 勝 (内線6419)
担当:大野 博 (内線6418)

ページ先頭へ