報道発表資料

令和元年12月17日
再生循環
この記事を印刷

連続・環境勉強会in 福島~ふくしま発・日本の未来を描く~ 第2回「環境省の重点施策2020」開催について

 環境省では福島県内の地元のニーズに応え、環境再生の取組のみならず、脱炭素、資源循環、自然共生といった環境省の得意分野と福島との連携を深め、福島復興の新たなステージに向けた取組「福島再生・未来志向プロジェクト」を推進しています。
 このたび、本プロジェクトの一環として、別紙のとおり「連続・環境勉強会in 福島~ふくしま発・日本の未来を描く~」を毎月1回福島市内で開催しています。環境省の現役職員が環境政策の最前線について話題提供するとともに、震災と原発事故から再生する福島にフォーカスし、脱炭素、資源循環、自然共生の視点から福島の未来を参加者とともに考えて行きます。
 第2回「環境省の重点施策2020」を令和2年1月21日(火)に下記のとおり開催することといたしましたので、お知らせします。

1.日時及び場所等

  • 開催日時 令和元2年1月21日(火) 14:00~15:30
  • 開催場所 環境省福島地方環境事務所 5階 5AB会議室(福島県福島市栄町11-25 ACXビル5階)
  • 主催 環境省
  • 定員 50名
  • 参加費 無料

2.内容

 連続・環境勉強会の第2回目のテーマは「環境省の重点施策2020」です。

 環境省は、これまでの環境政策に加え、第五次環境基本計画(2018年4月閣議決定)で提唱した「地域循環共生圏」の創造や、社会変革を通じて「環境と成長の好循環」を実現するより幅広い政策に挑戦しています。

 本勉強会では、環境省の現役職員から、2019年12月に決定予定の環境省令和2年度の主要予算(案)等を紹介するとともに、福島地方環境事務所の今後の課題や期待される取組について、会場の皆さまと考えていきます。

【講 師】

環境省総合環境政策統括官グループ企画評価・政策プロモーション室長 内藤 冬美

環境省福島地方環境事務所次長 中尾 豊

【参 考】

(別紙)連続・環境勉強会 in 福島 開催予定リスト

福島再生・未来志向プロジェクトhttp://www.env.go.jp/recycle/miraishiko/post_45.html

地域循環共生圏

https://www.env.go.jp/seisaku/list/kyoseiken/index.html

(第1回)連続・環境勉強会in 福島~ふくしま発・日本の未来を描く~

https://www.env.go.jp/press/107472.html

3.参加申し込み方法

電子メール mirai_shikou-fukushima@env.go.jp / FAX 024-573-7594

参加に関するお問い合わせ 電話 024-563-5184(担当:佐藤 松田)

記載事項

「勉強会第2回」と明記してください。(電子メールの場合は件名欄に記載)

①氏名(ふりがな)、②住所、③電話番号、④電子メールアドレス又はFAX番号、⑤勤務先又は所属団体名(電子メールの場合は本文欄に記載)

申込締切 令和2年1月16日(木)17時必着

※申込者多数の場合は、先着順とさせていただきます。定員に達し、出席をお断りする場合は、ご連絡を差し上げます。

添付資料

連絡先

環境省環境再生・資源循環局特定廃棄物対策担当参事官室(指定廃棄物対策チーム・対策地域内廃棄物チーム)

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-3581-2788
  • 参事官則久 雅司(内線 7844)
  • 参事官補佐峯岸 律子(内線 7811)

環境省福島地方環境事務所総務部企画課

  • 直通024-563-518
  • 課長補佐新田 弘市
  • 担当佐藤 眞也
  • 担当松田 夕希

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ