報道発表資料

令和元年7月1日
自然環境
この記事を印刷

チャットボットによるヒアリ相談受付の開始について

 特定外来生物のヒアリ(Solenopsis invicta)については、平成29年6月の国内初確認以降、環境省では、国民の皆様への正確な情報発信及び不安の解消のため、平成29年9月から「ヒアリ相談ダイヤル」を開設し、問合せに対応しています。
 7月1日より、時間外も含めた対応が可能となるよう、チャットボットによる相談受付を開始することとしましたのでお知らせします。

1.背景と目的

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律に基づき特定外来生物に指定されているヒアリについては、平成29年6月以降、我が国の港湾内や中国等から輸入されたコンテナ内部、積荷等から発見され、これまでに14都道府県で計39事例が確認されています。確認された個体は全て殺虫処理するとともに、確認地点周辺や全国の港湾における調査を実施しており、これまでにヒアリの定着を示すような状況は確認されていません。

 ヒアリについては、攻撃性が強く、刺された場合、体質によってはアナフィラキシー・ショック等の健康被害を起こす可能性があることなどから、国民の皆様から高い関心が寄せられました。そのため、環境省では、正確な情報発信及び不安の解消のため、平成29年9月からヒアリ相談ダイヤルを開設し、問合せに対応してきました。

 ヒアリの初確認から2年が経過した現在も、引き続き関係機関が連携して水際対策に当たっているところですが、警戒を継続していくためには、国民の皆様に正しい情報をお伝えするとともに、皆様からお寄せいただくヒアリ等の確認情報などを的確に把握することも重要です。そのため、7月1日より、ヒアリ相談ダイヤルの受付時間外も対応が可能となるよう、チャットボット(自動会話プログラム)による情報提供と相談受付等を開始することとしました。

2.チャットボットによる相談受付について

 ・以下の環境省「ヒアリに関するお問合せ」のページ内に、専用ウインドウが表示され、生物多様性キャラク

  ター※の「アリー」による自動応答が開始されます。

  https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/05_contact/index.html

 ・24時間、365日御利用いただけます。

 ・ヒアリの生態や見分け方、対処法等の御質問にお答えします。

  また、ヒアリに関する御相談を受け付けます。

 ・見分け方は、最終的な種の同定を保証するものではなく簡易なものです。ヒア 

  リの疑いの強い場合や緊急の場合はヒアリ相談ダイヤルまたは関係機関に御連絡ください

 ・チャットボットの機能については、今後の問合せ実績を踏まえて順次改修予定です。

 ※生物多様性キャラクターについては、以下を参照ください。     

http://undb.jp/character/public/index.html

(国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J) ホームページ内)

3.ヒアリ相談ダイヤルについて

・受付曜日:7月~9月 土日祝日を含む毎日

      10月~3月 月・水・金(ただし12月29日~1月3日を除く)

・受付日時:午前9時から午後5時

・ヒアリ相談ダイヤル 0570-046-110

  【IP電話の場合】06-7634-7300

  ※通話料は発信者の負担になります。

  ※万一、刺されたとき、症状がある場合はお近くの病院に御相談ください。

4.その他

ヒアリの特徴などについては下記を参照してください。

「特定外来生物ヒアリに関する情報」

http://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/hiari.html

<事業者の皆様へのお願い>

コンテナの開封時等にヒアリやアカカミアリと疑わしいアリを発見した場合、まずは刺激を避けつつ、コンテナのどの箇所にどの程度の生きたアリ類がいるか等、状況を確認してください。

多数の生きたアリ類の集団がいる(予想される)場合は、コンテナの扉を閉めて逃げ出さないよう静置してください。そのうえで、関係機関(港湾管理者、地方公共団体、環境省地方環境事務所等)に速やかに連絡し、取り扱いについて相談してください。可能であれば、強粘着の布ガムテープでコンテナの目張りをするなど、アリが逃げ出さないよう対応してください。

アリ類が少数しかおらず、逃げ出す恐れのない場合は、市販のスプレー式殺虫剤等でその場で駆除してください。その上で、関係機関に速やかに連絡し、取り扱いについて相談してください。

詳しくは、環境省の「ヒアリの防除に関する基本的考え方 Ver.2.0」のP.16~20を参照してください。http://www.env.go.jp/nature/hiarboujo_Ver.2.0.pdf 

添付資料

連絡先

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8344
  • 室長北橋 義明
  • 室長補佐八元 綾
  • 室長補佐深谷 雪雄(内線 7478)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ