報道発表資料

平成31年3月8日
再生循環
この記事を印刷

~新たなパートナーシップが続々拡大!~ "Re-Styleパートナー企業"2019調印式を開催!

 環境省では、第四次循環基本計画に基づき、"限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。"をキーメッセージに、資源の大切さや3Rへの態度変容や行動喚起を促進するRe-Style事業を展開していますが、このたび、同事業を通じて、環境省と企業が継続的に連携し、消費者に向けて、3Rなどへの理解と共感を広げていく新たなパートナーシップ"Re-Styleパートナー企業"に、新たに8社が参加することになりましたのでお知らせします。
 また、3月13日(水)には、企業代表者と環境大臣による調印式を開催いたします。

1."Re-Styleパートナー企業"「2019 調印式」を開催!

 環境省では、「第四次循環型社会形成推進基本計画」(平成30年6月閣議決定)に基づき、"限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。"をキーメッセージに、サブカルチャーなどと連携した新たなコンテンツ発信等により、資源の大切さや3R(リデュース:省資源、ごみの発生抑制、リユース:シェアリングや長期の再使用、リサイクル:分別、資源の再生利用)への態度変容や行動喚起を促進するRe-Style事業を展開しています。(詳細は下記4参照)

 Re-Style事業を通じて、環境省と民間企業が継続的に連携し、消費者(国民)に向けて、"資源の大切さ"や"3R"への理解と共感を広げていく、新たなパートナーシップ"Re-Styleパートナー企業"を昨年発足させました。

 現在、旭化成ホームプロダクツ株式会社、イオン株式会社、株式会社タカラトミー、ミヨシ石鹸株式会社(※1)、ロート製薬株式会社(五十音循)の5社にご参画いただいておりますが、このたび、新たに8社(株式会社あらた、アース製薬株式会社、株式会社ココカラファイン、ジョンソン株式会社、大王製紙株式会社、株式会社バスクリン、ユニ・チャーム株式会社、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社(五十音順))の企業が参加することが決定しました。(※2)

 そこで、3月13日(水)に、各社代表者と環境大臣(※3)とで「協定書」を取り交わす「2019調印式」を下記のとおり開催します。

 (※1)ミヨシ石鹸(株)は、2019年1月末をもって、パートナー企業から脱会しました。

 (※2)昨年の「選ぼう!3Rキャンペーン」(詳細は下記5参照)にご参加いただいた日用品企業、

     小売企業です。

 (※3)調印式には、あきもと環境副大臣が代理出席します。

【2019調印式 概要】

○ 開 催 日 :3月13日(水) 16:40~17:00

○ 場  所 :省議室    

○ 出 席 者 :あきもと 司  環境副大臣

      畑中 伸介   株式会社あらた 代表取締役会長 最高経営責任者CEO

      川端 克宜  アース製薬株式会社 代表取締役社長

      塚本 厚志  株式会社ココカラファイン 代表取締役社長

      鷲津 雅広  ジョンソン株式会社 代表取締役社長

      井関 哲   大王製紙株式会社 ホーム&パーソナル国内事業部 

                      ファミリー&ハウスホールドケア営業本部 営業本部長

      綱川 光男  株式会社バスクリン 取締役製品開発部長

      馬頭 高広   ユニ・チャーム株式会社 執行役員待遇 Japan営業統括本部 営業戦略開発本部長

      伊藤 征慶  ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 

                       コミュニケーション ヘッド オブ コミュニケーション

○ 実施内容 :各社代表者と環境大臣とで協定書にサインを取り交わします。(※)

       また、各社代表者とのフォトセッションを実施します。

2."Re-Styleパートナー企業"

 "Re-Styleパートナー企業"は、環境省が推進するRe-Style事業を通じて、環境省と民間企業が継続的に連携し、公共予算のみに依存せず、官民が継続してそれぞれの事業の中で相互に支援し合い、消費者(国民)に向けて、"資源の大切さ"や"3R"への理解と共感を広げ、3R行動を促進していく新たなパートナーシップ制度として、2018年よりスタートしました。

 下記の6つの「パートナー宣言」に賛同いただき、協定を結んだ企業と環境省は、同事業で発信する企画や、3R推進月間(毎年10月)を中心に環境省が主催する消費者キャンペーン「選ぼう!3Rキャンペーン」や「Re-Style商品」(詳細は下記6参照)などの活用等を通して、相互に連携協力し、消費者(国民)に対して、"資源の大切さ"や"3R"への理解と共感を広げていくとともに、事業活動等においても"3R"への態度変容と行動喚起の促進を図ることで、循環型社会の構築に向けた取組を相互に支援していきます。

3.お問合せ、取材申込み(プレス等の方)

 本件に関するお問合せは、下記の事務局までお問合せください。

 また、取材のお申込みは、別紙「取材申込書」に必要事項をご記入いただき、メール又はFAXでお申込み下さい。

<お問合せ・取材申込先>

     Re-Style事務局

     メール: info@re-style-site.com

     電 話: 03-6418-5910 

     FAX: 03-6418-5912

4.(参考)Re-Style

 環境省では、循環型社会のライフスタイルを「Re-Style」として提唱して、その活動や取組の浸透を呼びかけています。

 また、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらうため、様々なコンテンツを発信する環境省Webサイトの名称としても活用し、全国で一体感をもった取組として推進しています。

 「限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。」を、キーメッセージに「3R」の取組を多くの方々に知ってもらい、自分たちの暮らしに取入れてもらうよう、環境の面だけではなく、歌やダンス、アニメや動画などのサブカルチャーなどと連携したコンテンツを発信し、楽しみながら3Rについて知り、循環型社会のライフスタイル「Re-Style」をはじめていただけるような情報をお届けしている取組みです。

5.(参考)選ぼう!3Rキャンペーン

 環境省では、「第四次循環型社会形成推進基本計画」(平成30年6月閣議決定)に基づき、ライフサイクル全体の最適化を図るために、消費者に近い事業者として特に主導的な取組が期待される小売事業者及びメーカーと連携した取組「選ぼう!3Rキャンペーン」を実施しています。

 この取組は、消費者一人ひとりが、お買いものを通じて、3Rや、資源の大切さを認識・共感し、日頃の消費行動(商品選択)へ結びつけることを目的に、「リデュース」につながる省資源商品や「リサイクル」などに関連するキャンペーン対象商品とした環境省初プロデュースの消費者キャンペーンです。

 2年目となる2018年は、参加メーカーを11社、販売店企業を84企業に拡大するなど、昨年から大幅にスケールアップして、全国のスーパー、ドラッグストア等、およそ4,800店舗で実施しました。

6."Re-Style商品"

 環境省においても、各社の活動をRe-Style事業を通じてPRするとともに、パートナー企業各社の商品に活用いただくための「Re-Style商品」マークを限定提供し、その活動を支援しています。(※)

(※)「Re-Style商品」マークは、パートナー企業の商品のうち、リデュース(省資源)につながる商品や

   リサイクル商品など、消費者の3R行動に結びつく商品に対して掲示することで、消費者に対して、

   環境行動(3R行動)につながる消費選択を提案するものです。

添付資料

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室

  • 直通03-5521-8336
  • 循環企画係長田中道雄(内線 6807)
ページ先頭へ