報道発表資料

平成30年8月31日
再生循環
この記事を印刷

~消費行動を環境行動に! 選ぼう!3Rキャンペーン2018~スケールアップして9月から全国一斉スタート!

 環境省では昨年より、3Rの取組を促進する「Re-Style」プロジェクトの一つとして、消費者キャンペーン「選ぼう!3Rキャンペーン」をスタートさせました。
 この取組は、お買いものを通じて、消費者一人ひとりが、3Rや資源の大切さを認識・共感し、日頃の行動(商品選択)へ結びつけることを目的としたものです。
 2年目となる今年は、参加メーカーや実施店舗など、昨年から大幅にスケールアップして、
 9月1日より全国でスタートします!

1.消費行動を環境行動に!"選ぼう!3Rキャンペーン2018"全国でスタート!

 環境省では、本年6月に閣議決定された「第四次循環型社会形成推進基本計画」に基づき、ライフサイクル全体の最適化を図るために、消費者に近い事業者として特に主導的な取組が期待される小売事業者及びメーカーと連携した取組「選ぼう!3Rキャンペーン」を実施しています。

 この取組は、消費者一人ひとりが、お買いものを通じて3R(※)や資源の大切さを認識・共感し、日頃の消費行動(商品選択)へ結びつけてもらうことを目的とした、環境省初プロデュースの消費者キャンペーンです。

 2年目となる今年は、「リデュース」につながる省資源商品や「リサイクル」などに関連した商品などを中心に、参加メーカーや実施店舗など、昨年より大幅にスケールアップして、9月1日(土)から、全国のスーパー、ドラッグストア等、およそ4,000店舗でスタートします! 

 (※リデュース:ごみの発生抑制、リユース:再使用、リサイクル:再生利用)

<概 要>

      ○ 実施期間 :9月1日(土)~11月30日(金)(※店舗により期間は異なります。)

      ○ 応募〆切 :12月10日(月)(当日消印有効)

      ○ 応募方法 :応募ハガキ(店頭設置)もしくはインターネット(下記専用サイト)から

      ○ 参加企業 :「Re-Styleパートナー企業」及び「選ぼう!3Rキャンペーン」協力企業

      ○ 実施店舗 :下記2をご参照ください。

      ○ 専用サイト:http://www.re-style.env.go.jp/3r-campaign/2018/

 ※①地場産飼料とエコフィード(食品リサイクル飼料)で育ったブランド和牛。

  ②製品のプラスチック部分の約31%に再生プラスチックを使用。

  ③製品全体の約30%に再生プラスチックを使用。

  ④土に埋めると自然と土へ還るナチュラル素材の食器。

  ⑤エコフィード(食品リサイクル飼料)で育った国産豚。

  ⑥松阪牛の糞などを肥料として育ったブランド米。米殻などは松阪牛の飼料として活用。

  ⑦「Re-Style商品」はパートナー企業の商品のリデュースなど3R行動に結びつく商品。

2.キャンペーン実施店舗

 下記のスーパー、ドラッグストア、ホームセンター等、全国およそ4,000店舗で実施します。

<全国広域> ・イオングループ全国約1,800店舗

       (イオン、イオンスタイル、マックスバリュ各社、ダイエー・マルナカ、山陽マルナカ、光洋、

        イオンマーケット、イオンスーパーセンター、イオンビッグ)

        ・ツルハドラッグ(約1,000店)

<北海道地方>・イエローグローブ  ・ヒシサンホーマ  ・北雄ラッキー

<東北地方> ・株式会社アマノ ・株式会社おーばん ・神文ストア ・クリエみうら 

        ・コープ東北サンネット ・サンデー ・株式会社スーパーストア 

        ・スーパーセンタートラスト雄物川店 ・ダイユーエイト

        ・ドラッグストアポピー ・フレスコキクチ ・紅屋商事株式会社 

        ・株式会社マイヤ ・株式会社マエダ ・株式会社みなとや 

        ・株式会社ヤマザワ薬品 ・ユニバース ・よねや商事株式会社

<関東地方> ・くすりの福太郎 ・京王ストア ・サミット ・島忠 ・ジョイフル本田 

       ・東京生活館 ・ベルク

<中部地方> ・株式会社一号館 ・国分グローサーズチェーン株式会社 

       ・トヨタ生活協同組合 ・ドミー ・マルサム株式会社 ・ヤマナカ 

       ・ユニー ・株式会社義津屋

<近畿地方> ・イズミヤ ・キリン堂 ・ケアーズ ・サンプラザ ・ミックジャパン  

        ・ライフコーポレーション近畿圏

<中四国地方>・キョーエイ ・タイム ・天満屋ストア ・ドラッグストアエース 

        ・ドラッグストアmac ・ナンバホームセンター ・丸合 ・よどや

        ・レデイ薬局 

<九州地方> ・アレス ・大賀薬局 ・ジョイフルサンアルファ ・タイヨー ・ナフコ

       ・フレイン  

   

(※この他数社、数十店舗を含めて、全国およそ4,000店舗で実施予定。但し、店舗によっては実施しない店舗

  もあります。詳細は、「選ぼう!3Rキャンペーン事務局」(03-3440-6767)までお問合せ下さい。)

3.「Re-Style FES!」開催!(第1報)

 Re-Styleパートナー企業、イオン株式会社の協力のもと、同キャンペーン実施店であるイオンモール幕張新都心(千葉県千葉市)において、同キャンペーンと連動した3R行動促進イベント「Re-Style FES!」を、下記の日程で開催します。会場では、日頃の消費行動を3Rの視点で結びつける様々な企画を実施する予定です。詳細は、追って発表いたします。(10月初旬予定)

   <開催概要>

    ○開 催 日:平成30年10月13日(土)、14日(日)

    ○会  場:イオンモール幕張新都心(千葉県千葉市)

    ○特別協力:イオン株式会社(Re-Styleパートナー企業)

4.(参考)Re-Style

 環境省では、循環型社会のライフスタイルを「Re-Style」として提唱して、その活動や取組の浸透を呼びかけています。また、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらうため、様々なコンテンツを発信する環境省Webサイトの名称としても活用し、全国で一体感をもった取組として推進しています。

「限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。」を、キーメッセージに「3R」の取組を多くの方々に知ってもらい、自分たちの暮らしに取入れてもらうよう、環境の面だけではなく、歌やダンス、アニメや動画などのサブカルチャーなどと連携したコンテンツを発信し、楽しみながら3Rについて知り、循環型社会のライフスタイル「Re-Style」をはじめていただけるような情報をお届けしている取組みです。

5.(参考)Re-Styleパートナー企業

 「Re-Styleパートナー企業」は、環境省が運営するRe-Styleサイトの認知や、3Rの認知・共感・理解を目的とした様々なコンテンツ企画への周知・参加促進等を積極的に支援していただくとともに、公共予算のみに依存せず、官民が継続的してそれぞれの事業の中で相互に支援し合い、3R行動の促進という目的を効果的に実施していく新しい連携の形として環境省と協定を結ぶ企業です。

 環境省においても、パートナー企業各社の活動などをRe-StyleサイトでPRしていくとともに、パートナー企業各社の商品のうち、リデュースにつながる商品やリサイクル商品など、消費者の3R行動に結びつく様々な商品に対して、「Re-Style商品」マークを提供するなど、3Rの認知と行動の促進に向けた消費者への訴求を図っています。

6.(参考)「3R推進月間」について

 環境省では、「循環型社会形成推進基本法」(平成12年施行)、「資源有効利用促進法」(平成13年施行)を受け、国民や事業者の取組を1R(リサイクル)から3Rへ拡大していくために、平成14年より毎年10月を「3R推進月間」として、関係8府省(環境省、経済産業省、内閣府、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省)とともに、様々な情報発信や取組の促進に関する行事を展開しています。

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室
担当者:田中道雄
連絡先:03-5521-8336

ページ先頭へ