報道発表資料

平成29年6月2日
地球環境
この記事を印刷

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づくメタンの全大気平均濃度データの公開について

 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)は、環境省、国立環境研究所(NIES)及び宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した世界初の温室効果ガス観測専用の衛星であり、平成21年1月23日の打上げ以降、現在も観測を続けています。
 二酸化炭素に次いで地球温暖化に与える影響の大きい重要な温室効果ガスであるメタンについて、「いぶき」観測データを使って、地上から上空までの「地球大気全体(全大気)」の平均濃度を算出したところ、月別平均濃度は晩秋・冬に極大・初夏に極小という季節変動をしながら年々上昇し、平成29 年1月には過去最高の約1815 ppb* を記録しました。さらに推定経年平均濃度**は平成27年頃に増加率が上昇し、平成29 年2月には過去最高の約1809 ppb に達したこともわかりました。このような地球規模のメタン濃度の動向は「いぶき」の観測によって今回世界で初めて示されたものであり、衛星による温室効果ガス観測の重要性を表すものと言えます。
 「いぶき」による月別メタンの全大気平均濃度データは、6月2日よりNIESホームページにて公開されます。
*:微量の気体の濃度等を表す単位で、1 ppbは10億分の1の割合を意味する。
**:季節変動を取り除いた2 年程度の平均濃度値

「いぶき」による「全大気」月別メタン濃度の観測成果

 平成21年5月から平成29年2月までの約8年間の「いぶき」観測データを用いて「全大気」の平均メタン濃度を算出したところ、月別濃度は北半球の初夏〜夏(5〜7月)に極小、北半球の晩秋〜冬(11〜2月)に極大となる季節変動を経ながら年々上昇し、平成29年1月には、過去最高の約1815 ppbを記録しました。また、推定経年平均濃度注1)も平成29年2月に同じく過去最高の約1809 ppbを記録しました。ただし、衛星で観測できる地域は、太陽高度が高くかつ雲のない特定の地域に限られるため、算出した「全大気」の濃度は、「いぶき」の観測データに基づきモデル的手法を用いて推定した結果です注2)。「全大気」月別平均値とそれに基づいて算出した推定経年平均濃度のグラフを図1に示します注3)。この数字は、地表面の平均濃度注4)より40 ppbほど低い結果となっていますが、この傾向はメタンが大気中で分解されるために上空ほど低濃度になることと整合的です。

いぶき(GOSAT)による全大気平均メタン濃度

図1:いぶき(GOSAT)による全大気平均メタン濃度

(注1) メタン濃度は二酸化炭素同様1年の周期を持つ季節変動をしているが、地球大気の長期的な変動を論ずるには季節変動を取り除いた2年程度の平均濃度値を用いる必要がある。このため、観測濃度から平均的な季節濃度変動を取り除いた平均濃度を算出した。本文中では「推定経年平均濃度」と記しているが、科学的には経年トレンド濃度と呼ぶべきものである。この値は、その前後半年の1年間の平均値とほぼ同じ値を示す。

(注2) 今回使用した全大気平均濃度算出方法は二酸化炭素と同様である。
    http://www.gosat.nies.go.jp/newpdf/whole_atm_co2_160929_JP.pdf

(注3) 平成27年1月は機器の調整のため、観測データが取得されていない。

(注4) 米国海洋大気庁によるデータが以下に公開されている。
    参考URL: https://www.esrl.noaa.gov/gmd/ccgg/trends_ch4/

「いぶき」による観測成果の公開

 環境省、NIES、JAXAの3者では、今回算出した「いぶき」(GOSAT)による晴天域の観測データから解析・推定された、月別「全大気」のメタン平均濃度を公開することと致しました。この「全大気」の平均濃度の公開は、平成29年6月2日より国立環境研究所GOSATプロジェクトのWebページにおいて開始し、「いぶき」の運用が続く限り定期的に結果を更新いたします。この公開により、メタン濃度増加の事実を広く一般国民の皆様に周知し温室効果ガス排出の抑制につなげてまいります。

【公開方法】

 国立環境研究所GOSATプロジェクトの「月別メタンの全大気平均濃度 速報値」のページ(http://www.gosat.nies.go.jp/recent-global-ch4.html)において公開致します。

 今後も引き続き、「いぶき」観測データに基づく成果の公表を行うとともに、平成30年度をめどに打上げが予定されている「いぶき後継機(GOSAT-2)」による継続的な温室効果ガス観測を実施し、それらの成果を地球温暖化予測の精緻化に反映させていく予定です。

本件問い合わせ先

(「いぶき」衛星搭載センサデータ及びその解析結果について)
国立環境研究所 衛星観測センター GOSATプロジェクト             電話  029-850-2966

携帯電話 090-4012-6701

(「いぶき」衛星、搭載センサ及び観測状況について)
宇宙航空研究開発機構 第一宇宙技術部門 GOSAT-2プロジェクトチーム
GOSAT-2ミッションマネージャー 中島 正勝                  電話 050-3362-6130

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8247)
室  長:竹本 明生 (内線6730)
室長補佐:磯野 賀瑞夫(内線6733)
担  当:加藤 尚  (内線7761)
     小林 和史 (内線7718)

関連情報

関連Webページ

過去の報道発表資料

平成28年10月27日
季節変動を取り除いた全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました! ~温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測速報~
平成28年9月1日
いぶき(GOSAT)観測データによる大都市等の人為起源二酸化炭素濃度の推定結果について
平成28年8月18日
「いぶき」(GOSAT)に関するシンポジウム「地球を見守る宇宙の眼~温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の今とこれから~」の開催について
平成28年5月20日
全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました ~温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測速報~
平成27年11月27日
温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)によるメタン観測データと人為起源排出量との関係について
平成27年11月16日
温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づく月別二酸化炭素の全大気平均濃度の公表について
平成26年12月4日
温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による大都市等における二酸化炭素観測データと人為起源排出量との関係について

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ