報道発表資料

平成28年12月20日
地球環境
この記事を印刷

一般公開シンポジウム『地球温暖化と大気汚染による影響軽減に向けた新たな取り組みー短寿命気候汚染物質(SLCP)の影響評価とその削減対策ー』の開催について

環境省環境研究総合推進費S-12プロジェクト(SLCPの環境影響評価と削減パスの探索による気候変動対策の推進の研究)では、短寿命気候汚染物質の影響評価と削減対策に関して、専門家による情報提供を行い、国民と一緒に考えるため、平成29年1月17日(火)に東京大学 情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアターにおいて、一般公開シンポジウムを開催します。(入場無料、申込み必要)
本シンポジウムは、平成26年5月より開始された上記プロジェクトの研究活動の一環として開催されるものです。

1.シンポジウム概要

タイトル
環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12「SLCPの環境影響評価と削減パスの探索による気候変動対策の推進の研究」一般公開シンポジウム「地球温暖化と大気汚染による影響軽減に向けた新たな取り組み-短寿命気候汚染物質(SLCP)の影響評価とその削減対策-」

趣旨

大気汚染物質は環境・気候変動に大きな影響を与えます。S-12プロジェクトでは、大気汚染物質の中で「短寿命気候汚染物質」(SLCP: Short Lived Climate Pollutants)に注目しています。SLCPには煤(黒色炭素)などが含まれ、二酸化炭素などの長寿命温室効果ガスに比べて、大気中の滞留時間が短い物質です。そのため、SLCPを削減することで、環境改善だけではなく、地球温暖化を抑制する効果もあり、国際的な取り組みも行われています。第3回となる今回のシンポジウムでは、SLCPの過去から将来にかけての排出推定やSLCP削減による地域・地球規模での環境・気候影響評価といった、SLCPに関わる具体的な問題に取り組んだ最新の成果を公表し、今後の展望を議論します。

日時    平成29年1月17日(火)  13:00 ~15:30 (12:30開場)

場所    東京大学 情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアター(文京区本郷7-3-1)        

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/index.html

参加費   無料

参加予定数 180名

主催    環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12

共催    宇宙航空研究開発機構、東京大学

プログラム ※予定

13:00-13:10 ごあいさつ 環境省

13:10-13:30 「S-12によるSLCPの排出シナリオと気候・環境影響の研究」

S-12代表 中島映至(宇宙航空研究開発機構)

13:30-13:50 「東アジアにおけるSLCP原因物質の排出実態と経年変化」

黒川純一(日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター)

13:50-14:10 「アジア地域の家庭部門からの大気汚染物質の排出量とその影響」

倉田学児(京都大学)

14:10-14:30 「短寿命気候汚染物質による気候・健康・農業への影響」

竹村俊彦(九州大学)

14:30-14:50「SLCPと地球の水循環」

鈴木健太郎(東京大学)

14:50-15:20 総合討論

15:20-15:30 閉会あいさつ S-12代表

司会 鶴田治雄(リモート・センシング技術センター)

2.参加申し込み方法

参加希望の方は お名前(ふりがな)、ご所属を明記の上、メールにて平成28年12月28日(水)までにお申し込み下さい。e-mail: s12_staff@aori.u-tokyo.ac.jp

申し込みをされた方には受付メールをお送りします。なお、申し込みが多数となった場合には受付を締め切る可能性がありますので、お早めにお申し込みください。

3.問い合わせ先  

環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12

一般公開シンポジウム事務局(東京大学大気海洋研究所)

TEL: 04-7136-4374   e-mail:s12_staff@aori.u-tokyo.ac.jp

連絡先
環境省水・大気環境局大気環境課
課長  :瀧口 博明 (内線6530)
課長補佐:梁瀬 達也 (内線6547)

環境省地球環境局国際連携課国際地球温暖化対策室
室長  :木野 修宏 (内線6772)
室長補佐:工藤 里恵 (内線6786)

環境省地球環境局総務課研究調査室
室長  :竹本 明生 (内線6730)
室長補佐:藤田 道男 (内線6744)

ページ先頭へ