報道発表資料

平成28年4月22日
自然環境
この記事を印刷

(お知らせ)アカミミガメ対策普及啓発ツールの公開について

環境省では、昨年7月にアカミミガメ対策推進プロジェクトを公表し、アカミミガメ対策に向けた取組を強化しています。アカミミガメ問題等の普及啓発のプロジェクトの一環として、関係団体等と協力してポスター、チラシ、イベント等で活用するツール等を作成し、配布及び公開することとしました。

1.アカミミガメ対策普及啓発ツールについて

 昨年7月、環境省においては、「アカミミガメ対策推進プロジェクト(http://www.env.go.jp/press/101292.html)」を公表し、アカミミガメ対策に向けた取組を強化しています。そのプロジェクトの柱の一つとして、終生飼養を進め、捨てガメをゼロにすることを目指す「3原則(※)プロジェクト」を位置づけています。

 当該プロジェクトに基づき、(公財)日本自然保護協会、認定NPO生態工房等と連携し、終生飼養を呼びかけるためのポスター、チラシ、野外観察会等のイベント等で活用するための普及啓発ツールを作成しました。

 ※3原則:外来種被害予防三原則~入れない、捨てない、拡げない~

(1)ポスター及びチラシ

 終生飼養を呼びかけるポスター及びチラシです。イラストレーターのみのじ氏のデザインによる親しみやすいアカミミガメの絵が特徴です。アカミミガメの問題は、人によって引き起こされたことであり、アカミミガメを悪者にするのではなく、飼い主が責任を持ち、カメを大切に飼うことが重要であることを伝えています。また、チラシの裏面等にはアカミミガメによる被害、飼育の際の注意点などを簡単に記載しています。地方自治体、動物園等の展示施設、教育施設、販売店等で広く活用されることを期待しています。

ポスター「大きくなってもいっしょにいるよ」

サイズ:B2(515 × 728 ミリ)、片面

チラシ「大きくなってもいっしょにいるよ」

サイズ:A4(210 × 297 ミリ)、両面

(2)カメの観察会をしよう!ピクチャーカード

 自然観察会等を開催する際に、説明者が活用するための説明パネル(A3 両面5枚)を作成しています。日本で多く見られるカメの特徴や見分け方、アカミミガメによる被害、日本固有種のニホンイシガメの生態等を解説するものとなっています。活用する方向けの小冊子も作成しています。どちらも、印刷用のデータを公開します。

(3)かめぐるみ

 実際にアカミミガメの生体を見ることができるのがよいのですが、開催主体、場所、季節等の様々な理由により、困難な場面が多くあります。そのような場合に、生体のイメージを伝えることができるよう、「実物大のぬいぐるみ(かめぐるみ)」を作成しました。インクジェットプリンタで印刷してかめぐるみを作成することができる素材データ及び作り方も公開します。

2.活用を希望する方へ

(1)ポスター及びチラシ

 希望される方は、希望ツール名(ポスター、チラシ)、部数、送付先、氏名、所属、用途を記載し、以下の宛先にメール又はFAXを送信ください。

<宛先>

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

E-mail:shizen_yasei@

※@以下はenv.go.jpが入ります。

FAX:03-3581-7090

(2)ピクチャーカード及びかめぐるみ

 以下のWebサイトにデータを公開いたします。ご自由に活用ください。販売目的の利用は禁止いたします。

<公開サイト>

・アカミミガメ対策推進プロジェクト

http://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/akamimi.html

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8344)
室  長:曽宮 和夫   (内:6680)
室長補佐:立田 理一郎  (内:6681)
担  当:森川 政人   (内:6688)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ