報道発表資料

平成27年10月1日
自然環境
この記事を印刷

(お知らせ)「第18回自然系調査研究機関連絡会議(NORNAC18)」調査研究・活動事例発表会の開催について

 第18回自然系調査研究機関連絡会議(NORNAC18)を11月5日(木)・6日(金)に千葉県千葉市で開催します。
 11月5日の調査研究・活動事例発表会では、国や都道府県等の調査研究機関による自然環境及び野生動植物の保全等のための調査研究結果や取り組み等が発表され、一般の方も傍聴が可能です(無料)。今年は、千葉県におけるシャープゲンゴロウモドキの個体群回復状況などの地方自治体による希少種の調査・保護活動や生物多様性に関する普及啓発事業など16の団体から22のテーマが発表される予定です。
 なお、当日は会場である千葉県立中央博物館において企画展示「水草-ふしぎがいっぱい、水辺のいろどり-」も開催しています。(10月31日~翌2月14日)

1.経緯

 自然系調査研究機関連絡会議(以下「NORNAC」)は、国や都道府県等の自然系(自然環境保全、野生動植物保全等)の調査研究を行っている調査研究機関の情報交換、情報共有を促進し、科学的知見に基づく自然環境保全施策を推進することを目的に平成10年11月に発足しました。平成10年度に第1回会議を開催して以来、全国各地で連絡会議を開催しています(参考資料参照)。

 今年も一般の方も御参加いただける調査研究・活動事例発表会とNORNAC構成機関による連絡会議を開催します。調査研究・活動事例発表会では、全国の16の国や都道府県等の調査研究機関から自然環境及び野生動植物の保全に関わる22の調査研究結果等が発表されます。

2.開催概要

(1)会場   千葉県立中央博物館 講堂

千葉県千葉市中央区青葉町955-2

http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/

(2)日程概略 11月5日(木)(一般公開)

13:00~    受付開始

13:30~17:05 調査研究・活動事例発表会

11月6日(金)  連絡会議(関係機関のみ)

(3)主催   環境省自然環境局生物多様性センター

千葉県立中央博物館

千葉県生物多様性センター

(4)プログラム プログラムは下記URLでご覧いただけます。

http://www.biodic.go.jp/relatedinst/18th/program_1.pdf

(5)参加費  一般公開の調査研究・活動事例発表会の傍聴は無料です。

事前の申込みは必要ありません。

連絡先

環境省自然環境局生物多様性センター(NORNAC事務局)

〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1

TEL:0555-72-6033 FAX:0555-72-6035 担当者:雪本・阿部

千葉県生物多様性センター

〒260-8682 千葉市中央区青葉町955-2 千葉県立中央博物館内

TEL: 043-265-3601 FAX: 043-265-3615 担当者:熊谷

10月3日から8日まで博物館の燻蒸作業のため執務室を移動します。
期間中の連絡は TEL: 043-265-8221 へお願いいたします。

千葉県立中央博物館

〒260-8682 千葉市中央区青葉町955-2

TEL: 043-265-3111 FAX: 043-266-2481 担当者:由良・立和名

添付資料

連絡先
環境省自然環境局生物多様性センター
代表:0555-72-6031
直通:0555-72-6033
センター長:中山 隆治 (内線:111)
専門調査官:阿部愼太郎 (内線:203)
担   当:雪本 晋資 (内線:207)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ