グリーン購入法 国等の環境物品等の調達の推進等に関する法律

環境省総合環境政策環境と経済環境保全に資する製品の普及促進> グリーン購入法について

グリーン購入法について

循環型社会の形成のためには、「再生品等の供給面の取組」に加え、「需要面からの取組が重要である」という観点から、平成12年5月に循環型社会形成推進基本法の個別法のひとつとして「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」が制定されました。

同法は、国等の公的機関が率先して環境物品等(環境負荷低減に資する製品・サービス)の調達を推進するとともに、環境物品等に関する適切な情報提供を促進することにより、需要の転換を図り, 持続的発展が可能な社会の構築を推進することを目指しています。また、国等の各機関の取組に関することのほか、地方公共団体、事業者及び国民の責務などについても定めています。

トピックス

ニュース


 【グリーン購入法に関する一般的問い合わせ】

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1ー2―2
環境省大臣官房環境経済課 グリーン購入担当
(平成29年7月14日付の組織改編により部局名が変更になりました)
E-mail :gpl@env.go.jp

 【特定調達品目の判断の基準の内容等に関する問い合わせ】

株式会社インテージリサーチ
E-mail:gpl-support@intage.co.jp
TEL:03-5295-1625
受付時間:午前:9:30〜12:00 午後:13:00〜17:30(土・日・祝祭日を除く)
開設期間:平成29年6月28日〜平成30年3月30日まで
「平成29年度グリーン購入法に係る特定調達品目検討調査等業務」は、(株)インテージリサーチに委託しております。お問合わせの際にいただいた個人情報は、委託会社において適切に管理し、問合せ対応業務の目的以外に利用することはございません。

(株)インテージリサーチ「個人情報の取扱いについて」[PDFファイル:111KB]