ここから本文です。

地図

国立公園内の見どころの位置関係がわかる地図が掲載されています。PDFリンクからご覧ください。

交通アクセス

アクセスルートは一例です。詳しくは各交通機関の窓口・ホームページなどでご確認ください。

※各区間の所用時間は目安です。

コース1
羽田空港
飛行機(約105分)
女満別空港
タクシー(約3分)
西女満別駅
JR石北本線(約25分)
網走駅
JR釧網本線(約120分)
川湯温泉駅
コース2
羽田空港
飛行機(約95分)
釧路空港
阿寒バス(約70分)
阿寒湖温泉

宿泊エリア

国民保養温泉地に指定された温泉地を含むエリアには、この目印を付けています。国民保養温泉地とは、温泉の公共的利用増進のため、温泉利用の効果が十分期待され、かつ、健全な保養地として活用される温泉地を「温泉法」に基づき、環境大臣が指定するものです。

川湯

硫黄山を源とする温泉が湧き出す川湯温泉。温泉宿やおみやげ屋が建ち並び、町の中を「湯の川」が流れます。その周りには、ミズナラやシラカバ、アカエゾマツ等の緑の森が広がっています。野鳥のさえずりが響き渡り、新緑、紅葉、霧氷と季節毎に変化する散策路をぶらりと散歩してみてください。川湯の自然を満喫した後は、足湯につかってのんびりするのがお勧めです。

阿寒湖畔

阿寒湖の南岸には、ホテルや旅館、お土産屋などが建ち並ぶ阿寒湖温泉があり、付近の観光の拠点となっています。遊覧船による湖内周遊のほか、登山やハイキング、冬にはスキーや湖上でのワカサギ釣りを楽しむことができます。また、温泉街には道内最大級のアイヌコタンがあり、阿寒湖アイヌシアター『イコロ』では、ユネスコ世界無形文化財に登録されているアイヌ古式舞踊が見られます。

雌阿寒温泉(オンネトー温泉)

雌阿寒岳山麓に位置する国民保養温泉地で、雌阿寒岳登山口やオンネトー湯の滝などへの利用拠点として便利です。

施設

阿寒湖畔エコミュージアムセンター

阿寒湖畔エコミュージアムセンターの写真
阿寒湖畔エコミュージアムセンターでは、阿寒摩周国立公園の阿寒湖を中心とした西側地域の自然を紹介しています。阿寒湖を中心とした火山陥没地形(カルデラ)と、原生の姿をとどめる深い湖沼、そして、豊かな環境に支えられた生き物たちの営み...。こうした魅力の数々に秘められた阿寒の自然の物語を感じて下さい。
所在地北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-1-1
連絡先0154-67-4100 (Tel)
開館時間9:00~17:00
休館日毎週火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
利用料無料
関連リンクhttp://business4.plala.or.jp/akan-eco/
こんなことができます
●フィールド情報をキャッチ!
阿寒湖周辺の遊歩道や絶景ポイント、また「阿寒湖から○○まで何時間かかるの?」など、地理的な情報も聞けます。お出かけの前に情報を集めてみましょう。
●阿寒摩周国立公園の自然を知りたい!
「この花の名前は?」「まりもって食べられる?」など、自然について皆さんが疑問に思ったこと、不思議に感じたことを聞いてみましょう。
●ボッケツアーガイド
スタッフが皆さんに同行し、季節に応じた花や動物の解説などを交えながらボッケまでのルートを散策します(職員数の状況により対応できない場合があります)。
●イベント情報を知りたい!
月に約1回のペースで行っている自然ふれあい行事などの情報をお知らせしています。
●各種申込
夏期に行われるツアーガイドや冬期のスキー・スノーシューの貸し出し、その他、各種行事の参加申し込みができます(自然ふれあい行事については約2週間前からの受付となります)。
ユニバーサルデザイン対応状況
  • 多言語対応パンフレットの配布
  • コミュニケーション支援ボード

川湯エコミュージアムセンター

幌延ビジターセンターの写真
川湯エコミュージアムセンターは、屈斜路カルデラを中心とする摩周(川湯)地域の自然を紹介しています。摩周(川湯)を訪れたら、まずはここで旬の情報を集めましょう!
所在地北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-6
連絡先015-483-4100 (Tel)
開館時間8:00~17:00 (5月~10月)
9:00~16:00 (11月~3月)
休館日毎週水曜日(祝日の場合は翌日、なお7月第3週~8月31日は無休)、年末年始(12月29日~1月3日)
利用料無料
関連リンクhttp://www6.marimo.or.jp/k_emc/
こんなことができます
●旬の見どころ情報をキャッチ!
開花情報、ヒグマ情報等散策の注意事項等、お出かけ前に情報を集めてみましょう。
●阿寒摩周国立公園の自然を勉強したい!
阿寒摩周国立公園の自然や歴史・文化について、展示や映像等で分かりやすくスタッフが解説してくれます。
●川湯周辺をちょっと散策(無料ガイドウォーク)
エコミュージアムセンターの周辺にあるアカエゾマツの純林や散策路をスタッフがご案内いたします。15分程度のお手軽なコースとなっていますので、ちょっとした散策にお勧めです(無料ガイドのため、職員数の状況により対応できない場合があります)。
●クラフトコーナー(無料)
エコミュージアムセンター周辺にある自然素材を使ったクラフト工作ができます。川湯の自然で旅の思い出をつくりませんか?
●イベント情報
観察会でしか味わえない川湯の魅力が体験できるなど、様々なイベントを企画しています詳しくはホームページをご覧ください。
ユニバーサルデザイン対応状況
  • 車いすの貸し出し
  • 多言語対応パンフレットの配布
  • コミュニケーション支援ボード

和琴フィールドハウス

和琴フィールドハウスの写真
和琴半島で見られる動植物や自然情報を紹介するミニビジターセンターです。 樹木や野鳥などの実物標本の展示もありますので、和琴半島を訪れたら、まずはここで情報を集めましょう!
所在地北海道川上郡弟子屈町字屈斜路和琴
連絡先015-484-2835 (Tel)
開館時間8:00~17:00 (通常)
8:00~19:00 (8月11日~17日)
休館日11月~4月中旬
利用料無料
こんなことができます
●和琴半島の旬の見どころ情報をキャッチ!
動物や開花情報、、お出かけ前に情報を集めてみましょう。
●和琴半島の自然を勉強したい!
和琴半島の自然や現象について勉強して、和琴半島自然探勝路を歩いて見ましょう。

連絡先一覧

北海道地方環境事務所
〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西2丁目
札幌第1合同庁舎3階
Tel: 011-299-1950 Fax: 011-736-1234
http://hokkaido.env.go.jp/

釧路自然環境事務所
〒085-8639 北海道釧路市幸町10-3
釧路地方合同庁舎4階
Tel: 0154-32-7500 Fax: 0154-32-7575

阿寒摩周国立公園管理事務所
〒088-3465 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-2
Tel: 015-483-2335 Fax 015-483-2862

阿寒摩周国立公園管理事務所阿寒湖管理官事務所
〒085-0467 北海道釧路市阿寒町字阿寒湖温泉1-1-1
Tel: 0154-67-2624 Fax 0154-67-2631

阿寒摩周国立公園サイト