自然環境・生物多様性

トキ

1.概要

(1)分類
  • ペリカン目 トキ科
  • トキ
  • 学名 Nipponia nippon
  • 野生絶滅(EW)(環境省第4次レッドリスト)
(2)生態等
  • 全長80cm、翼開長130cmあまり。
  • 春から夏にかけての繁殖期に大木の枝に営巣、産卵、育雛を行う。
  • 主な食物は水辺や湿地に住むドジョウ、カエル、小さな昆虫など。

写真:トキ

2.減少した要因

  • 明治時代に羽毛をとるために乱獲され激減
  • 昭和以降は、森林の伐採による繁殖地の減少、農薬の多用による餌動物の減少、山間部の水田の消失などが要因

3.保護のための取組

 【昭和27年】 特別天然記念物に指定

 【昭和42年】 新潟県が佐渡にトキ保護センターを建設、飼育開始

 【昭和50年】 環境庁が保護事業を開始

 【昭和56年】 野生個体を全て捕獲、人工増殖の取組を開始

 【昭和60年】 中国からの個体の借受け開始

 【平成 5年】 種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定。同法に基づく保護増殖事業計画を策定

 【平成11年】 中国から「友友」「洋洋」のつがいが贈呈され、「優優」が誕生

        (日本で初めて人工増殖に成功)

 【平成12年】 中国から「優優」のパートナーの「美美」が提供される

 【平成15年】 野生復帰の目標を定めた「地域環境再生ビジョン」を公表

 【平成15年】 日本の野生生まれの最後のトキ「キン」死亡

 【平成16年】 保護増殖事業計画を改定⇒野生復帰の取り組みの実施を位置づける

 【平成19年】 中国から「華陽」、「溢水」が提供される

 【平成19年】 多摩動物公園で分散飼育を開始(先行)

         石川(H22)、出雲(H23)、長岡(H23)でも分散飼育を実施

 【平成19年】 野生復帰ステーション完成

 【平成20年】 佐渡島において野生復帰のための放鳥を開始

 【平成24年】 野生下では36年ぶりとなるヒナが誕生(38年ぶりとなる巣立ち)

 【平成25年】 地域環境再生ビジョン達成のための「トキ野生復帰ロードマップ」を策定

 【平成26年】 地域環境再生ビジョンにおいて野生復帰の目標としていた60羽定着を達成

4.個体数の推移(平成27年1月1日現在)

 【昭和25年】 野生トキ35羽に減少

 【昭和56年】 野生トキ5羽に減少。これを一斉捕獲し、野生下のトキはいなくなる

 【平成11年】 中国から「友友」「洋洋」のつがいが贈呈される

         「優優」が誕生(日本の飼育下で初の誕生)

         翌年「優優」のパートナーに「美美」が提供される

 【平成19年】 中国から「華陽」「溢水」が提供される。飼育下トキが95羽となる

 【平成20年】 佐渡島で野生下への放鳥開始

 【平成27年】 1月1日現在、飼育下に202羽、野生下に139羽、計341羽

5.参考

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ