地球環境・国際環境協力

持続可能な開発のための2030アジェンダ/SDG

持続可能な開発のための2030アジェンダ:ロゴマーク

「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)を中核とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」は、平成27(2015)年9月25日に、ニューヨーク・国連本部で開催された国連サミットで採択されました。

持続可能な開発のための2030アジェンダの特徴

  • 平成28(2016)年から平成42(2030)年までの国際社会共通の目標です。
  • 序文、政治宣言、持続可能な開発目標(SDGs:17ゴール(下記)、169ターゲット)、実施手段、フォローアップ・レビューで構成されています。途上国の開発目標を定めた、ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)とは異なり、先進国を含む全ての国に適用される普遍性が最大の特徴です。
  • 採択を受けて、各国・地域・地球規模でアジェンダの実施のための行動を起こす必要があり、それらの行動のフォローアップ及びレビューが必要です。
  • 17のゴールのうち、少なくとも12が環境に関連しています。環境省としてもアジェンダの実施に向け、気候変動、持続可能な消費と生産(循環型社会形成の取組等)等の分野において国内外における施策を積極的に展開していきます。

持続可能な開発のための2030アジェンダに関する参考情報

〇持続可能な開発のための2030アジェンダ 英語本文(リンク:外務省[PDF 533KB])

日本語仮訳(リンク:外務省[PDF 432KB])

〇「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択する国連サミットの概要 リンク:外務省

〇SDG Compass(コンパス)・・・SDGs実施の主要な担い手である企業のための行動指針

SDG Compass(英語(作成:グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)、国連グローバル・コンパクト(UNGC)、持続可能な開発のための世界経済人会議 (WBCSD))

SDG Compass(日本語訳(翻訳:グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)、公益財団法人地球環境戦略究機関(IGES))

G7富山環境大臣会合で採択されたコミュニケ(2030アジェンダ部分) [PDF 95KB]

持続可能な開発目標(SDGs)17ゴール ※うち、赤文字は少なくとも環境に関連している12のゴール

1. 貧困の撲滅

2. 飢餓撲滅、食料安全保障

3. 健康・福祉

4. 質の高い教育

5. ジェンダー平等

6. 水・衛生の持続可能な管理

7. 持続可能なエネルギーへのアクセス

8. 包摂的で持続可能な経済成長、雇用

9. 強靭なインフラ、産業化・イノベーション

10. 国内と国家間の不平等の是正

11. 持続可能な都市

12. 持続可能な消費と生産

13. 気候変動への対処

14. 海洋と海洋資源の保全・持続可能な利用

15. 陸域生態系、森林管理、砂漠化への対処、生物多様性

16. 平和で包摂的な社会の促進

17. 実施手段の強化と持続可能な開発のためのグローバル・パートナーシップの活性化

持続可能な開発目標(SDGs)17ゴール

最終更新:平成28年7月15日
地球環境局 国際連携課

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ