地球環境・国際環境協力

9月はオゾン層保護対策推進月間です!

我が国では、9月を「オゾン層保護対策推進月間」として、毎年、オゾン層保護やフロン等対策に関する様々な普及啓発活動を行っています。なお、国連環境計画(UNEP)では、1995年からモントリオール議定書が採択された9月16日を「国際オゾン層保護デー」(International Day for the Preservation of the Ozone Layer)と定めています。

2019年度オゾン層保護対策推進月間ポスター

1.オゾン層の現状

オゾン(O3)は、地表から約10~50km上空の成層圏に多く存在しており、このオゾンが多く集まる層のことをオゾン層と呼びます。このオゾン層は、太陽光に含まれる有害な紫外線の大部分を吸収し、地球上の生物を守るバリアとなっています。しかし、フロンなどのオゾン層破壊物質によってオゾン層の破壊が進んでおり、南極上空では、毎年8~12月頃にオゾンホール(オゾンの濃度が極端に減った状態)が観測されています。

~2018年のオゾンホール~
2018年のオゾンホールは、9月20日に最大面積2,460万km2に達しました。これは、依然として南極大陸の約1.8倍と大きなものです。

南半球における10月の月平均オゾン全量分布(1979年及び2018年)

報道発表資料「平成30年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書について」(令和元年8月30日発表)
パンフレット「オゾン層を守ろう2019」

2.フロンと地球温暖化の関係

オゾン層の破壊の主な原因とされているフロンは、安価で扱い易く、人体へも害が小さいため、冷蔵庫やエアコンの冷媒や、スプレーの噴射剤などに使用されてきました。
しかし、オゾン層の破壊が確認されてからは、フロン等のオゾン層破壊物質は世界的に生産が規制されるようになりました。規制を受けて、オゾン層を破壊しない代替フロンと呼ばれる物質が開発され、様々な用途に使われています。
しかし、フロン、代替フロンは、強力な温室効果ガスでもあります。特に、代替フロンであるHFC(ハイドロフルオロカーボン)は、京都議定書の削減対象物質となっており、それらの排出抑制が必要です。

3.オゾン層保護や地球温暖化防止に向けての取組

我が国では、国際的に協調してオゾン層保護対策を推進するため、1985年の「オゾン層保護のためのウィーン条約」、1987年の「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」に加入し、1988年、世界に先駆けて「オゾン層保護法」を制定しました。この法律に基づき、オゾン層破壊物質の生産規制や排出抑制に取り組んでいます。 また、フロン類の大気中への放出を防ぐため、「フロン排出抑制法」、「家電リサイクル法」及び「自動車リサイクル法」に基づき、製品を廃棄するときのフロン類の回収・適正処理を義務づけています。さらに、「フロン排出抑制法」では、製品の使用時におけるフロン類の漏洩防止対策を義務づけています。

1.フロンの回収に協力しましょう

ビルオーナー、商店主等は 家庭では 自動車ユーザーは
業務用の空調機器・冷凍機器(ビル空調・食品のショーケース、冷凍・冷蔵庫等)を廃棄する時と整備する時は、登録を受けた充塡回収業者にフロン類の回収を依頼しましょう。

詳しくは...
フロン排出抑制法

家庭用の冷蔵・冷凍庫やエアコン、洗濯乾燥機(ヒートポンプ式)を廃棄する時は、家電小売店等に回収を依頼し、収集・運搬料金とリサイクル料金を支払いましょう。

詳しくは...
家電リサイクル法

自動車を廃棄する時は、登録を受けた引取業者に引き渡しましょう。

詳しくは...
自動車リサイクル法

2.使用時漏えい対策に取り組みましょう

業務用の空調機器・冷凍機器(ビル空調・食品のショーケース、冷凍・冷蔵庫等)を使用するビルオーナー、商店主等は、点検、修理依頼、記録等を通じて使用時漏えい対策に取り組みましょう。
詳しくは...
→フロン排出抑制法

3.ノンフロン製品を選びましょう

近年、フロンや代替フロンに代わって、オゾン層を破壊せず地球温暖化にも影響の少ない物質を用いた「ノンフロン」製品が開発・普及してきました。 特に、家庭用冷蔵庫や建材用断熱材の分野でノンフロン製品の普及が進んでいます。 地球環境の保全のため、ノンフロン製品を選ぶようにしましょう。
詳しくは...
→ノンフロン化の推進

4.オゾン層や紫外線について知りましょう

環境省では、毎年「オゾン層等の監視結果に関する年次報告書」を発行して、オゾン層の状況やオゾン層破壊物質の大気中濃度の監視結果を公表しています。また、気象庁でも、オゾン層などの観測結果を公表しています。

→環境省「オゾン層等の監視結果に関する年次報告書」
→気象庁「オゾン層・紫外線」
→環境省「紫外線保健マニュアル2015」 [PDF 1,428KB]
→気象庁「オゾン層・紫外線の知識」
→気象庁「紫外線情報」

4.2019年のトピック

2016年10月にモントリオール議定書において代替フロンであるHFCを規制対象物質に加える改正(いわゆる「キガリ改正」)が合意され、2019年1月1日に発効されました。
日本においても、改正議定書への締結が国会で承認されたほか、
国内担保法であるオゾン層保護法の改正が国会で成立し、昨年7月4日に公布されました。
キガリ改正を締結すれば、定められたスケジュールに従って、HFCの生産・消費を段階的に削減することとなりますが、国においても、代替フロンに代わる冷媒の技術開発や導入支援等のとりくみをすすめてまいります。
また、本年6月に「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)」を改正し、機器廃棄時にユーザーがフロン回収を行わない違反に対する直接罰の導入など対策を強化しました。

5.今年度のオゾン層保護対策推進月間の取組について

月間中には、国や地方公共団体により、オゾン層保護・フロン等対策に関する啓発活動が集中的に実施されます。 環境省では、ポスター、パンフレットの作成・周知や、各種広報媒体を用いた広報を実施します。 地方公共団体においては、イベント会場や庁舎でのパネル・ポスターの掲示、啓発資材・パンフレット等の周知、ホームページやメールマガジン、テレビ、ラジオ、広報誌などを利用した広報活動等の取組が実施されます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ