地球環境・国際環境協力

IPCC(気候変動に関する政府間パネル) 再生可能エネルギー源と気候変動緩和に関する特別報告書

概要

『再生可能エネルギー源と気候変動緩和 に関する特別報告書(SRREN)』はIPCCの第3作業部会が中心となり作成され、2011年5月9日にIPCCを構成する各国の政府代表による承認等の手続きを経て公表された報告書です。報告書の概要をプレゼンテーション形式にまとめました。利用に当たっては、環境省資料であることを明示の上、改編することなくページ毎にご利用ください。

翻訳(仮訳)

利用に当たっての注意

本報告書は、IPCC『Special Report on Renewable Energy Sources and Climate Change Mitigraton』Final Releaseを翻訳したものです。

この翻訳は、IPCCホームページに掲載されている報告書の英語版 (外部へのリンク)を元に行っています。また、翻訳は2011年5月9日リリースの初版に基づいて行っており、その後IPCCによって行われた修正、追加、削除等の変更には対応しておりませんので、ご注意ください。

本報告書『再生可能エネルギー源と気候変動緩和に関する特別報告書』は上記報告書の仮訳であり、IPCCの公式訳ではありません。 公式な全文は英語のみ(SPM及びTSについては国連の公用語であるフランス語・スペイン語・ロシア語・中国語・アラビア語版も公式)で提供されており、本日本語仮訳を引用して問題が生じても責任を負いかねますのでご了承ください。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ